日本マイクロソフトOffice for Mac Home and Business 2011に含まれる「Outlook for Mac 2011」は、Time Machineに対応していると説明しています。

Outlook for Mac 2011の送信済みアイテムを誤って全削除してしまったので、今回、Time Machineから戻してみることにしました。

戻すのは、ユーザー>書類>Microsoft ユーザー データ>Office 2011 Identitiesフォルダです。

復元時には両方残すを選択し、データが正しく復元されるかどうか確認する方が良いと思います。

復元が完了して、Outlook for Mac 2011を起動してみると、戻っているはずの送信済みアイテムが空のままの状態でした。


Microsoft Database Utility

Microsoft Database Utility

色々調べてみると、サポート情報「Outlook for Mac 2011 データベースを再構築して問題を解決する」に説明があるように、キーボードの Option キーを押したまま、Outlook for Mac 2011を起動し「Database Utility」でデータベースの再構築を行う必要があります。

Time Machineから復元後、このデータベースの再構築を行ったところ、無事に送信済みアイテムが再表示されました。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い




PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する