2018年10月06日(土)

Adobe Elements 2019 を試す

Adobe Elements 2019:ホーム

Adobe Elements 2019:ホーム

Adobeが、コンシュマー向けソフトウェア「Adobe Photoshop Elements 2019」と「Adobe Premiere Elements 2019」を販売開始したので試してみました。

Adobe Sensei AIを利用し、起動するだけで作品を自動生成したり、機能紹介、アイデア、ヘルプ、チュートリアルなどが一元化された「ホーム画面」が新しく導入されています。


Adobe Elements Organizer 2019


Adobe Elements Organizer 2019

Adobe Elements Organizer 2019

Adobe Elements Organizer 2019は、誕生日や休暇などの思い出深いイベントに焦点を当てた作品を、Adobe Sensei AI テクノロジにより自動作成してくれます。

自動で、フォトコラージュ、スライドショー、ビデオコラージュ、およびスナップモーメントを作成できます。


Adobe Elements Organizer 2019

Adobe Elements Organizer 2019

人物ビューでの顔のマーキング:機能が強化され、大きなカタログの場合でも、人物ビューの写真内の顔を以前より速くマーキングすることが可能になっています。

スクロールをスムーズに行い、大きなカタログの場合でも、画像とビデオのサムネイルをすばやく表示できるようになっています。


Adobe Photoshop Elements 2019


ミームメーカー ガイド付き編集

ミームメーカー ガイド付き編集

ミームメーカー ガイド付き編集機能が追加されています。

Adobe Photoshop Elements 2019のガイド>楽しい編集>ミームメーカーで、すぐに楽しいミームに変換できます。

ミームメーカー ガイド付き編集では、写真とテキストを組み合わせてミームを作成できます。


マルチ写真テキストガイド付き編集

マルチ写真テキストガイド付き編集

マルチ写真テキストガイド付き編集機能が追加されています。

ガイド>楽しい編集>マルチ写真テキストで、各文字の内側に、好きな写真を追加したビジュアルテキストを作成します。

使いやすい機能で写真の調整とサイズ変更をして、カードやスクラップブックで見栄えのする単語または名前を作成します。


パーシャルスケッチガイド付き編集

パーシャルスケッチガイド付き編集

パーシャルスケッチガイド付き編集機能が追加されています。

ガイド>楽しい編集>パーシャルスケッチで、お気に入りの写真を芸術的なスケッチにします。

様々なブラシを使用して、写真を望みどおりの外観に変えられます。

鉛筆スケッチ、色鉛筆スケッチ、古紙風、昔の写真風効果を使用して、スケッチを作成できます。


テキストと境界線のオーバーレイガイド付き編集

テキストと境界線のオーバーレイガイド付き編集

テキストと境界線のオーバーレイガイド付き編集機能が追加されています。

ガイド>特殊編集>テキストと境界線のオーバーレイで、写真に、テキスト付きのスタイリッシュな境界線を追加できます。

テキストと境界線のオーバーレイガイド付き編集を使用すると、写真に新しい素敵な表情が付け加えられます。


Adobe Premiere Elements 2019


Adobe Premiere Elements 2019

Adobe Premiere Elements 2019

クイックビューが強化され、手順に従ってビデオをトリミングしたり、シンプルなシーンラインを使用してクリップ、写真、タイトル、音楽などを組み合わせ、独自の作品を制作しやすくなりました。

タイルにクリップビデオをトリミングが追加され、ビデオ内の最高のシーンをマークして抽出してくれる「スマートトリミング」が直ぐに利用可能になっています。


窓ガラス効果を作成

窓ガラス効果を作成

ガイド>楽しい編集>窓ガラスで、窓ガラス越しに撮影したかのように動画を加工できます。

マットオーバーレイを使用してビデオまたは写真に楽しい窓ガラス効果を追加できます。

マットキー、ぼかし、色温度と色合いの調整など、複数のマット効果をメディアに追加できます。


新しいルミナンスフェードトランジションエフェクト - ガイド付き編集

新しいルミナンスフェードトランジションエフェクト - ガイド付き編集

ガイド>ビデオの調整>ルミナンスフェードトランジションエフェクトで、2 つのビデオクリップの間や 2 つの画像の間、または画像とビデオクリップの間にスタイリッシュなトランジションエフェクトを作成できます。

暗色から明色までカラーをフェードさせることで、ドラマチックなトランジションを演出できます。


Adobe Elements 2019 共通情報


HEIF/HEVCをサポート

HEIF/HEVCをサポート

Adobe Premiere Elements 2019 は、macOS High Sierra 10.13以降の環境で、画像用高効率画像形式(HEIF) 、ビデオ用高効率ビデオコーディング(HEVC) メディアの読み込みおよび編集がサポートされています。




PR

Category

Calendar

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー
Amazonのアソシエイトとして、MACお宝鑑定団は適格販売により収入を得ています。

Link

RSSを取得する