Adobe Premiere Elements 13

Adobe Premiere Elements 13

アドビシステムズが発表した、Retinaディスプレイ対応の動画編集ソフト「Adobe Premiere Elements 13」を試してみました。

同梱される「Adobe Elements 13 Organizer」については、リンク先を参照して下さい。


ビデオストーリー

ビデオストーリー

作成に「ビデオストーリー」が追加され、ビデオや写真を使って、イベントを魅力的なストーリーに仕上げることが出来るようになりました。

イベント(結婚式など)の写真やビデオを、段階的に編成されたワークフローによって、ストーリー形式で作成できます。


お気に入りの場面

お気に入りの場面

ツールから「お気に入りの場面」を選択し、ビデオ内のお気に入りの場面をマークできる「ビデオのお気に入りの場面のマークと抽出」が利用可能になりました。

抽出したお気に入りの場面のクリップを使用して、編集や書き出しを行うことができます。


シェイクスタビライザー

シェイクスタビライザー

手持ち撮影による揺れのあるフッテージを安定したスムーズなフッテージに簡単に変換できる「シェイクスタビライザー」機能が追加されました。

クイックビューとエキスパートビューの両方で使用でき、最適な結果を得るには、エキスパートビューからシェイクスタビライザーを使用します。

エキスパートビューには、シェイクスタビライザーから得られた結果を細かく調整できる高度なオプションが用意されています。


ガイド付き編集に、ビデオの特定部分にエフェクトを適用する「ビデオにエフェクトマスキングを適用」と、ムービータイトル内にモーションを追加し、場面の一部に目を引くようなエフェクトやぼかしを入れる「タイトル内にビデオを追加」が追加されています。

元々ガイド編集機能は、初心者向けの機能ですが、説明が「右クリック」など、Mac操作を考慮されていない説明だったりで、逆に混乱します。


ビデオにエフェクトマスキングを適用

ビデオにエフェクトマスキングを適用

ビデオへのエフェクトマスキングの適用は、タイムラインのビデオクリップをコントロールキーを押しながらクリックし、エフェクトマスキング/適用を選択します。

アクションバーの「エフェクト」をクリックします。エフェクトを選択し、モニターパネルにドラッグ&ドロップします。

特定部分にのみエフェクトを適用し、調整レイヤーを作成する必要がないので、「いいえ」をクリックします。


タイトル内にビデオを追加

タイトル内にビデオを追加

タイトル内にビデオを追加は、エキスパートを選択して、ガイド付き編集から選択します。

読み込んだクリップはすべてプロジェクトのアセットビンに保存されます。

これらのクリップをタイムラインのビデオ 1 トラックにドラッグ&ドロップします。

ブラックビデオをタイムラインに追加します。プロジェクトのアセット/パネルオプション/新規項目/ブラックビデオをクリックします。


必要システム環境がOS X Mountain Lion以降となり、AVC、FLV、MRWファイルフォーマットなどのサポートがされなくなりました。

また、DV キャプチャ、HDV キャプチャ、FLV書き出し、ストップモーション、web DVD、パンとズームでの顔のフィルタリングなどの機能も利用出来なくなりました。


関連エントリー
アドビ システムズのデジタルメディア管理ソフト「Adobe Elements 13 Organizer」を試す
アドビ システムズのRetinaディスプレイに対応した写真編集ソフト「Adobe Photoshop Elements 13」を試す




PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する