TF International Securities

TF International Securities

MacRumorsが、TF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は、Appleの目標は、10年後にiPhoneをARに置き換えることと予測していると伝えています。

ARヘッドセットのABFの需要は10年後に少なくとも10億個を超える可能性があり、Appleの唯一のABFサプライヤーであるUnimicronは、その恩恵を受けることになだろうと考えているそうです。


Kuo氏は、AppleのARデバイスは単独で動作し、2022年第4四半期に発売されるARヘッドセットには、2つのプロセッサが搭載されると予測しています。

上位のプロセッサーは、Mac用の「M1」と同等の演算能力を持ち、下位のプロセッサーはセンサー関連の演算を担当することになります。

このヘッドセットはARに加えて、ソニーの4Kマイクロ有機ELディスプレイのペアによってバーチャルリアリティ(VR)体験にも対応できるようになるとのことですが、これにはM1のようなチップの演算能力が必要になります。

Kuo氏は、今後発売されるヘッドセットと来年発売されるiPhone 14の両方が、ARやVR体験に必要な帯域幅の拡大と干渉の低減を実現するWi-Fi 6E技術に対応すると予想しています。


PR

Category

Calendar

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー
Amazonのアソシエイトとして、MACお宝鑑定団は適格販売により収入を得ています。

Link

RSSを取得する