DigiTimes

DigiTimes

DigiTimesが、業界関係者によると、Ennostar社とTaiwan Asia Semiconductor (TAS, 旧Opto Tech)社は、心拍数、SpO2、血糖値などのバイオセンシングに使用される短波長(1,000nm以上)の赤外線(IR)LEDデバイスを開発しており、2022年にはスマートウェアラブルデバイスに採用されると予想されると伝えています。

Appleは、新世代のApple Watchに血糖値をバイオセンシングするために短波長のIR LEDデバイスを採用すると報じられています。

短波長のIR LEDバイオセンシングデバイスは、送信機と受信機で構成されており、前者は緑または赤の光を放つLEDチップとIR LEDチップを組み合わせたもので、後者はフォトダイオードを使用しているとのことです。

Ennotar社は、波長1,000~1,650nmのIR LEDデバイスを開発中で、次のステップでは2,500nmのモデルを開発する予定だという。このようなIR LEDデバイスについては、Ennostarの2つの完全子会社であるEpistarとLextar ElectronicsがそれぞれAlGaInP LEDチップとモジュールを生産しており、Ennostarが主要株主であるTyntekはSiベースのセンサーを生産しているそうです。

Ennostar社のAlGaInP LEDチップの生産能力は、現在、年間40万枚のエピタキシャル・ウェーハを生産しており、連結売上高の20%以上を占め、自動車用センサー、センサー、園芸用照明などへの需要が旺盛なため、Ennostar社は2021年第2四半期以降、AlGaInP LEDチップの生産能力をフルに活用しています。

バイオセンシングの潜在的な需要を考慮して、エノスタは2021年の第3四半期から1,000nm以上のAlGaInP LEDチップの生産能力を拡大し、第4四半期にはその一部が稼動します。また、スマートウェアラブルデバイスのバイオセンシング用チップのテストも行っており、2022年の出荷開始を目指しています。

Apple Watchに採用されているSiベースのセンサーの主要サプライヤーであるTASは、筆頭株主である日本の日亜化学工業から高度な技術を移転し、スマートウェアラブルデバイスのバイオセンシング機能、Bluetoothイヤホンの近接センサー、スイーピングロボットのToF(Time of Flight)センサーなどに使用される短波長のIR LEDデバイスを開発していると噂されています。


PR

Category

Calendar

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー
Amazonのアソシエイトとして、MACお宝鑑定団は適格販売により収入を得ています。

Link

RSSを取得する