TF International Securities

TF International Securities

TF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は、Appleが、8インチのフレキシブル有機ELディスプレイを搭載した折りたたみ式iPhoneを2023年中に発売し、その年には2,000万台もの出荷を計画していると予想していると伝えています。

Appleが初めて発売する折りたたみ式iPhoneは、8インチのQHD+ディスプレイを搭載し、QHD+ディスプレイは、iPhone 12とiPhone 12 Proの両方に見られる現在の19.5:9のアスペクト比から、完璧な16:9のアスペクト比を特徴としてるようです。


次期iPhoneが横向きに折りたたまれるのか、それとも縦向きに折りたたまれるのかは言及していません。

サムスン・ディスプレイはAppleの独占的なディスプレイ・サプライヤーとなると予想され、サムスン・ファウンドリーはディスプレイドライバICを担当すると考えられるそうです。

サムスンは、将来のiPhoneにパネルと駆動回路を供給するものの、端末のタッチソリューションを管理することはないだろうと考えられていて、サムスンのタッチ一体型フレキシブルOLEDディスプレイ「Y-OCTA」(YOUM on-cell touch AMOLED)の代わりに、AppleはTPKの導電材料「銀ナノワイヤー」を使用すると予測されるそうです。

TPKの技術は耐久性があり、複数の折り畳みに対応できるだけでなく、ロール可能なディスプレイや中〜大型のスクリーンサイズにも対応できると考えられるそうです。

すでに、HomePodのタッチパネルには、銀ナノワイヤータッチソリューションが採用されていますが、TPKがサプライヤーであるかどうかは明らかにされていません。


関連エントリー
TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏、Appleは2022年に4,800万画素カメラを搭載したiPhoneを発売する計画?
TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏、次期iPhoneの3年計画を予想


PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する