Bloomberg

Bloomberg

Bloombergが、事情に詳しい関係者の情報として、Intelプロセッサから独自のシリコンチップへのシフトの一部として、約10年振りにiMacの再設計を計画していると伝えています。

新しいモデルは、画面の周りの厚い黒の境界線をスリム化し、Apple Pro Display XDR モニターに似たデザインとなり、大きな金属のアゴを持つデザインではなくなるようです。


これらのiMacは背面がフラットになり、現行のiMacの湾曲した背面ではなくなるようで、iMacの再設計は、同社のロードマップに詳しい人々によると、今年のApple製品の中で最大の視覚的なアップデートの一つになると話したそうです。

今年後半に、既存の21.5インチと27インチのモデルを置き換えるために、J456とJ457というコードネームの2つのバージョンを発売することを計画していると、関係者は話しているそうです。

Appleはまた、新しいMac Proに関して2種類開発しているそうで、 1つは現行のMac Proへの直接のアップデートで、2019年に発売されるバージョンと同じデザインを使い続け、引き続きXeonプロセッサを使い続けることを検討しているようです。

2つ目のバージョンでは、Apple独自のプロセッサを使用し、現行のMac Proの半分以下のサイズになり、アルミニウム筐体を採用することが検討されているそうです。

復活したMacデスクトップへの取り組みの一環として、AppleはPro Display XDRと並んで販売する低価格の外付けモニターの開発を開始していて、安いモニターは、プロの使用よりもコンシューマ向けで、明るさやコントラスト比はそれほど高くはならないと考えられるそうです。


関連エントリー
Bloomberg:Apple、MagSafeを復活したMacBook Proを開発中?
Bloomberg:Apple、新たなMac用プロセッサーを2021年にも投入する計画


PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する