Bloomberg

Bloomberg

Bloombergが、Appleの半導体担当エンジニアらは、M1チップ搭載Macの後継となる幾つかのプロセッサーの開発に取り組んでおり、期待通りならIntel製を搭載した最新機種をパフォーマンスで大幅に上回る可能性があると、計画の非公開を理由に複数の関係者が匿名を条件に明らかにしたと伝えています。

プロセッサーの次期シリーズは2021年の春と秋のリリースが計画されており、MacBook Proのアップグレード版やiMacのエントリーレベル用に、16個ものパワーコアと4個の効率コアを備えた設計に取り組んでいるそうで、生産に応じて8つまたは12の高性能コアのみが有効になるバリエーションも用意する予定だと関係者は話しているそうです。


2021年後半に計画されているハイエンドデスクトップコンピューターと2022年までに発売が計画されている新しいハーフサイズのMac Pro向けに、32もの高性能コアを備えたチップの開発をテストしているそうです。

Appleのエンジニアはより野心的なグラフィック処理プロセッサーの開発にも取り組んでいて、将来のハイエンドラップトップとミッドレンジデスクトップのために、16コアと32コアのグラフィックスパーツをテストしていて、最高級のマシンを対象とした64および128の専用コアを備えたより高価なグラフィックスのアップグレードに取り組んでいるそうです。

これらのグラフィックスチップは、AppleがIntel搭載ハードウェアでNvidiaおよびAMDが使用している現在のグラフィックスモジュールよりも数倍高速だそうです。

また、情報筋は、2021年に発売される見込みの新型iPad Proは、M1チップのバリエーションモデルとなるようだとしています。


PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー
Amazonのアソシエイトとして、MACお宝鑑定団は適格販売により収入を得ています。

Link

RSSを取得する