9to5Macより

9to5Macより

9to5Macが、Appleが開発中のワイヤレスオーバーヘッドフォン「AirPods Studio」に関して、AirPodsの耳検出機能のような機能として、ヘッドフォンが頭にあるか首にあるかを検出できるセンサーを組み込むようだと伝えています。

また、左右の耳を検出して、オーディオチャネルを自動的にルーティングする機能も搭載し、ヘッドユニットの左右を気にする必要がなくなるとも伝えています。

Beats by Dr. DreのSolo Proと同様に、アクティブノイズキャンセリングモードと、外部音取り込み モードの2種類が用意されているようです。

AirPods StudioをMacまたはiOSデバイスとペアリングすると、カスタムイコライザー設定のロックが解除され、低、中、高の周波数調整が利用可能になると、情報筋は話しているそうです。


関連エントリー
Bloomberg:Apple、パーツ取り外しが可能な高級ヘッドホンを開発中?
Bloomberg:Apple、2019年にオーディオ周辺機器を拡充か?
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、Appleブランドのオーバーイヤーヘッドフォンを計画中?


PR

Category

Calendar

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する