Bloomberg

Bloomberg

Bloombergが、Appleは高価格帯の新型iPhoneのデザイン刷新を準備していると計画に詳しい関係者が明らかにしたと伝えています。

iPad Pro 11-inch (2nd generation)、iPad Pro 12.9-inch (4th generation)のデザインを参考したデザインとなり、今秋にも最大4機種を5G規格対応とする予定で、Face IDのノッチ部分を小型化したiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxの後継機種のほか、iPhone 11と同じデュアルカメラ仕様の普及価格帯2機種を投入して新型モデルに置き換える計画だそうです。

少なくとも高価格帯2機種の外枠は現モデルのような曲線デザインではなく、フラットステンレススチールを用いたiPad Pro (USB-C)のようなシャープな印象となる見込みで、スクリーン自体もそうなると、関係者が非公開の計画だとして匿名を条件に語ったそうです。

また、Appleは、AirTagやHomePodの小型モデルなども発売する計画だと伝えています。


関連エントリー
9月発売のiPhone 2020はiPad Pro (USB-C)風の薄型デザイン?
9月発売の次期iPhone、筐体デザインはiPad Pro (USB-C)風のデザインで、背面カメラの数が違うだけ?
iPhone 2020は側面に謎のコネクタを搭載?
TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏、iPhone 12のカメラの一つに7枚構成レンズを搭載する予定?
DigiTimes:2020年発売の5G iPhoneはイメージセンサーシフト式手ぶれ補正機構を採用する?
DigiTimes:2020年発売のiPhoneは液晶ディスプレイモデル2つと有機ELディスプレイモデル4つの計6種類発売?
次期iPhone 12、超近距離無線LAN規格「IEEE 802.11ay」をサポート?
TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏、AirTagは2020年半ばに発売?



PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する