TF International Securities

TF International Securities

MacRumorsが、TF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は、投資家へのレポートの中で、中国で発生した新型コロナウィルスによる影響で、中国および世界市場の消費者への信頼感に悪影響を及ぼす可能性があると予想していると伝えています。

2003年に発生したSARSの流行は約6ヶ月間続き、今回の新型コロナウィルスによる影響が長引けば、今後の新製品の製造に影響が出ると考えているそうです。

Kuo氏は、2021年に発売されるiPhoneの電源ボタンに静電容量方式の指紋ソリューションが搭載されると予測していますが、まだ時間が掛かるとみているそうです。

今後の製品に関しては、iPhone 8をベースに、Apple A13 Bionicチップと 3GBメモリを搭載した4.7インチiPhoneと、3Dセンシングをサポートするトリプルレンズリアカメラシステムを備えたiPad Proが3月までに発売されると予想しているそうです。

その他に、シザーキーボードを搭載した13インチのMacBook ProまたはMacBook Air、Bluetooth LEやWi-Fiよりもはるかに高い精度でタグを見つけることができるUltra Widebandタグ、ハイエンドヘッドフォン、小型ワイヤレス充電マットも予定されていると予想しているそうです。


関連記事
TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏、iPhone 8後継モデルは、A13 Bionic採用でメモリ3GB仕様?
日本経済新聞:Apple、2020年にiPhone SEの後継モデルと位置づけた廉価版iPhoneを発売?


PR

Category

Calendar

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する