DigiTimes

DigiTimes

DigiTimesが、サプライチェーンの情報筋の話しとして、2020年に発売されるiPhoneは、液晶ディスプレイモデル2つと有機ELディスプレイモデル4つの計6種類発売されると話していると伝えています。

これまでの噂では、背面デュアルカメラ仕様の5.4インチOLEDモデル、背面デュアルカメラ仕様の6.1インチOLEDモデル、背面トリプルカム仕様の6.1インチOLEDモデル、背面トリプルカム仕様の6.7インチOLEDモデル、iPhone 8と同じ筐体デザインを採用した4.7インチモデルの5種類でしたが、さらに別の液晶ディスプレイモデルが2020年末から2021年前半に発売されると話しているそうです。

iPhoneの組み立てパートナーのサプライチェーンメーカーの一部は、6種類のiPhone生産を示すロードマップを受け取ったと主張している、と情報筋は話しているそうです。


関連エントリー
DigiTimes:2020年発売の5G iPhoneはイメージセンサーシフト式手ぶれ補正機構を採用する?
DIGITIMES:Apple、2020年のiPhoneの背面にVCSELを搭載する?
DIGITIMES:2020年発売の次期iPhoneは、5.42インチ、6.06インチ、6.67インチの有機ELディスプレイを採用?
TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏、2020年には4つの5G対応iPhone 12モデル、2021年にはiPhone SE 2 Plusが発売される?
TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏、2020年発売のiPhoneは、iPhone 4のメタルフレームデザインを採用?
TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏、2020年発売のiPhoneの上位2機種は5G対応になる?
TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏、2020年発売のiPhoneは、5.4インチ、6.1インチ、6.7インチのOLEDモデルで、上位機種は5G対応?


PR

Category

Calendar

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー
Amazonのアソシエイトとして、MACお宝鑑定団は適格販売により収入を得ています。

Link

RSSを取得する