工商時報より

工商時報より

工商時報が、2020年に1億2,000万台販売されると予想されるAirPodsに関して、JP MorganのアナリストDavid Lyon氏が、2020年に発売される5G iPhoneで、同梱されるイヤフォンとして、EarPodsかAirPodsが選べるようになると予測したことに関し、関連企業の株価が上昇したと伝えています。

AirPodsは2018年に2,800万台、2019年に約5,500万台を販売されていて、同梱された場合、単体で購入するよりも価格が下がる可能性があり、Nan Ya PCBJingshuoMERRYKINSUSConcraftSimplo technologyShin Zu Shingなどの関連会社が重要な役割を果たすことになると予想されているそうです。

AirPods ProはSiP(複数のLSIチップを1つのパッケージ内に封止した半導体および製品)デザインに変更されたため、既存のメーカーを置き換え、Nan Ya PCBとJingshuoとで注文を分けて受注しているそうです。


PR

Category

Calendar

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する