DigiTimes

DigiTimes

DigiTimesが、業界に詳しい情報筋の話しとして、2020年に発売される予定の5G iPhoneは、イメージセンサーシフト式手ぶれ補正機構を採用するようだと伝えています。

現在のiPhoneは、iPhone 6 Plusから光学式手ぶれ補正を採用していますが、2020年に発売される予定の5.4インチモデル、6.7インチモデル、2つの6.1インチモデルのうち、1つの6.1インチモデルと6.7インチモデルにイメージセンサーシフト式手ぶれ補正が採用されると情報筋は話したそうです。


5G iPhoneの6.1インチモデルと6.7インチモデルには、画像処理能力を強化するため、mmWaveおよびSub-6GHz周波数もサポートするSoCが搭載されると噂されているそうです。

また、ハイエンドの6.1インチモデルと6.7インチモデルには、ToFテクノロジーをサポートするトリプルレンズリアカメラも搭載され、Largan Precisionが20%を生産することになると情報筋は話しているそうです。

イメージセンサーシフト式手ぶれ補正のために、Appleがモーターを供給し、ソニーは5G iPhone用にCMOSイメージセンサーを製造する予定だそうです。

Oppoは、2016年2月にセンサーシフト式手ぶれ補正技術を発表していますが、実装された製品は不明です。


関連エントリー
DIGITIMES:Apple、2020年のiPhoneの背面にVCSELを搭載する?
DIGITIMES:2020年発売の次期iPhoneは、5.42インチ、6.06インチ、6.67インチの有機ELディスプレイを採用?
TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏、2020年には4つの5G対応iPhone 12モデル、2021年にはiPhone SE 2 Plusが発売される?
TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏、2020年発売のiPhoneは、iPhone 4のメタルフレームデザインを採用?
TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏、2020年発売のiPhoneの上位2機種は5G対応になる?
TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏、2020年発売のiPhoneは、5.4インチ、6.1インチ、6.7インチのOLEDモデルで、上位機種は5G対応?


PR

Category

Calendar

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する