etnews

etnews

etnewsが、Samsung DisplayとLG Displayは、2020年秋に発売される次期iPhone向けにOLEDパネルを供給する見込みで、BOE Technologyは受注できない可能性が出ていると伝えています。

2020年発売のiPhoneは、5.4インチ、6.1インチ、6.7インチの画面サイズとなり、全てOLEDパネルを採用する予定だと業界関係者は話しているそうです。

モデルとしては3種類となるものの、5Gをサポートするモデルも追加される可能性があり、iPhone全体のモデル数としては4種類になる可能性があるようです。


Samsung Displayは、5.4インチ、6.7インチのOLEDパネルを供給する唯一のサプライヤになると予想され、on-cellタッチフレキシブルOLEDを提供するそうです。

このパネルは、基本的にタッチ機能が組み込まれたOLEDパネルで、タッチセンサーは、パネル内部の薄膜カプセル化の上に配置されているそうです。

過去のタッチ機能は、パネルにタッチフィルムを取り付けますが、on-cellタッチフレキシブルOLEDは別個のフィルムを必要としないため、ディスプレイの薄型化と生産コストの削減につながります。

Galaxy Note 7で初めて採用された、Samsung Display製オンセルタッチフレキシブル有機EL「Y-OCTA」(Youm On Cell Touch AMOLED)技術と呼ばれるオンセルタッチOLEDパネルの商品化に成功しており、Oppoなどにも供給されています。

Appleは最初のiPhone以来フィルムタッチ方式に固執していましたが、Samsung DisplayはY-OCTAテクノロジーをAppleに積極的に推進することでAppleからの変化を引き出すことに成功し、また、Appleから注文を得るために衝撃的な条件を提案したとも言われているそうです。


関連エントリー:DIGITIMES:2020年発売の次期iPhoneは、5.42インチ、6.06インチ、6.67インチの有機ELディスプレイを採用?


PR

Category

Calendar

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する