TF International Securities

TF International Securities

Appleinsiderが、TF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は、2020年のiPhoneラインアップの最大のセールスポイントは「まったく新しいフォームファクター設計」「5Gサポート」「カメラ機能のアップグレード」の3つを上げていると伝えています。

今月発表されるiPhoneについては、超広帯域無線システム(UWB)をサポートし、近距離無線技術を活用した新しいiBeaconsによって、デバイスの屋内ナビゲーションを改善できると予想しているそうです。


また、新しい「UWBタグ」がBluetoothベースのiBeaconsと連携して機能し、屋内マッピングに「革新的なユーザーエクスペリエンス」を提供すると考えているそうです。

電源に関しては、Lightningポートが維持されるが、5W USB-A電源アダプタが、USB-C電源アダプタに変わる可能性を説明していて、繰り返し、双方向充電もサポートしていると予想しているそうです。


関連エントリー
次期iPhone、Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)対応との予測が業界で高まる?
MacRumors:Appleの落とし物トラッカー「B389」は、Find My App連携する?
次期iPhone、Wireless PowerShareに対応か?
次期iPhoneは、USB-CコネクタではなくLightningコネクタ維持?


PR

Category

Calendar

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する