TF International Securities

TF International Securities

AppleInsiderが、TF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は、2020年発売のiPhoneは、5.4インチ、6.1インチ、6.7インチのOLEDモデルになると予想していると伝えています。

この画面サイズの変更は、4月にDIGITIMESも報じていました。


TF International Securities

TF International Securities

5.4インチと6.7インチのOLEDモデルは、Qualcommの5Gモデムチップを搭載し、下り通信と上り通信で同一帯域を用いる「TD-LTE(TDD-LTE)」モードのn41、n77、n79の周波数帯をサポートすると予想していると伝えています。

また、2020年のiPhoneは、背面カメラを使用して画像と3Dデータを同時に取得することができる「3Dセンシング」機能や、音響指紋技術を使用し、ディスプレイ全体を指紋リーダーに変える可能性もあると予想しています。


関連エントリー:DIGITIMES:2020年発売の次期iPhoneは、5.42インチ、6.06インチ、6.67インチの有機ELディスプレイを採用?


PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する