DigiTimes

DigiTimes

DIGITIMESが、台湾の携帯電話コンポーネントサプライチェーンの情報筋からの話しとして、2020年発売の次期iPhoneは、5.42インチ、6.06インチ、6.67インチの有機ELディスプレイを採用すると伝えています。

Galaxy Note 7で初めて採用された、サムスンディスプレイ製オンセルタッチフレキシブル有機EL「Y-OCTA」(Youm On Cell Touch AMOLED)またはLG DisplayのTOEタッチ技術のいずれかを採用する可能性があるとも伝えています。

情報筋は2019年のiPhoneの販売に関して、2019年前半には8000万から8200万台のiPhoneを出荷し、年間では1億880万から1億9000万台の出荷を予定していると話しているそうです。


このY-OCTAディスプレイ技術採用の噂は、ETNewsでも取り上げられるなど、なんども浮上している話しですが、かなり歩留まりが悪いようです。


PR

Category

Calendar

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する