經濟日報が、GF Securitiesの海外エレクトロニクス部門チーフアナリストJeff Pu氏(蒲得宇)は、Largan Precisionが研究開発を行っている、3眼レンズと新しい仕様のセンサーに加えて、スマートフォンのフルスクリーンの視覚効果を高めることができるコーティング技術「ブラックレンズ」をAppleが採用する可能性があると報告していると伝えています。

これらは、Largan Precisionが建設中の新しい工場で生産される可能性があり、2020年には実用化される可能性があると分析しているそうです。

Jeff Pu氏は、来年下半期には2つのiPhone OLEDモデルにも3眼レンズが採用される可能性があり、中国本土のブランドメーカーであるHuawei、OPPO、in vivoと競合することになると予想しているそうです。


PR

Category

Calendar

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する