Bloombergが、Appleは、2019年にAirPodsの高性能モデルや、新しいHomePod、スタジオ並みの高音質のオーバーイヤー型ヘッドホンを投入する計画だと伝えています。

新型AirPodsは、ノイズキャンセリング機能や耐水性を備えたモデルとなり、社内では心拍モニターなど生体認証センサーを追加する計画もあるそうです。

オーバーイヤー型ヘッドホンは、ボーズやゼンハイザーの高級モデルに対抗するモデルとなり、Appleのブランドを利用し、Beats by Dr. Dreの代替となる高性能製品とするとしています。


Beats Pro

Beats Pro

当初は2018年末までに投入する意向だったようですが、開発上の課題に直面し、早ければ来年の発売を目指していると関係者は話しているそうです。

Beats by Dr. Dreに関しては、2009年に発売された「Beats Pro」だけが、未だにフルモデルチェンジあるいは後継モデルが出ていない状況ですが、2019年に新しいモデルが発表されるのでは?と噂されています。


関連エントリー:KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、Appleブランドのオーバーイヤーヘッドフォンを計画中?


PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する