Axios

Axios

Axiosが、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアヴァイスプレジデントCraig Federighi氏は、開発スタッフに宛てたメールの中で、Appleは、パフォーマンスと品質改善に注力するため、いくつか搭載予定だった新機能を先送りにすること述べていると伝えています。

次期iOSでは、AR、ヘルスケア、ペアレンタルコントロールの改善を含めるものの、ホーム画面のリフレッシュ、CarPlay、カメラアプリ、写真アプリ、共有機能、メールなどのコアアプリなどのアップデートは2019年に持ち越しされるようです。


ただ、Appleは、メジャーアップデート時の新機能提供に加えて、春に機能追加することが増えており、それらを全てWWDCで発表だけはするパターンが増えているので、2019年先送りというより、リリース時期を後期とするスケジュールを明確化したともとれます。


Update:この内容は事実のようで、Mac OS X Snow Leopardの時のような安定性を重視したアップデートになるようです。

また、ローカルシステムに影響しない、Siriなどのクラウドシステムサービスのメジャーアップデートは、スケジュール通り行われる模様です。


PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する