Appleinsiderが、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏(郭明錤)は、2018年に発売される3種類のiPhoneのうち、6.1インチ液晶ディスプレイモデルは、ステンレススチールを使用せず、アルミフレームを採用し、メモリは3GBで、3D Touchは非搭載になると予想していると伝えています。

同時に発売される有機ELモデルはメモリ4GBになると予想しているそうです。

Ming-Chi Kuo氏は、現行のiPhone Xは値下げされず、生産を終了し、新しいモデルに置き換えられるとも予想していますが、開発費が回収出来た端末を終了して、新しい端末に置き換えるとするならば、次期モデルは、かなり生産コストを下げられることが判明しているのかもしれません。


関連エントリー
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、2018年発売のiPhoneに6.5インチOLEDと6.1インチ液晶の2モデルが追加される?
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、2018年発売のiPhone Xはデータ通信性能を改善した新しい筐体を採用する?
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、2018年はFace IDが全面的に採用されると予測
etnews.com:2018年発売のiPhoneは有機ELディスプレイの5.85インチと6.46インチの2モデル?


PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する