AppleInsiderが、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏(郭明錤)は、次期iPhoneの有機EL採用モデルは、画面下にファンクションエリアを搭載している可能性があると予想していると伝えています。

有機EL採用モデルは、ほぼベゼルレスデザインとなり、5.8インチディスプレイの画面下にファンクションエリアを搭載し、使用可能画面領域は5.15インチになる可能性があると予想しているそうです。

縦横比率から考えて有効液晶エリアは5インチサイズになるかと思われますが、ひょっとしてTouch Bar搭載になるのかもしれません。


関連エントリー
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、次期iPhoneの有機EL採用モデルは、高積層プリント配線板採用でバッテリー容量がアップする?
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、次期iPhoneは全てワイヤレス充電対応に?
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、2017年の有機ELディスプレイ出荷数は400〜450%増となると予測
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、iPhone 8は、ワイヤレス充電のために筐体がガラス製に?
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、iPhone 8 Plusは2モデルで1つは有機ELディスプレイを採用?
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、2017年発売のiPhone 8のプレミアムモデルは、全面と背面がガラス製で、ステンレスフレームが特徴になる?


PR

Category

Calendar

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する