9to5Macが、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏(郭明錤)は、次期iPhoneの有機EL採用モデルは、現在の10層プリント配線板から、リジッドフレックス基板を重ね、合計20層となる高積層プリント配線板を採用することにより、基板の小型化を実現し、バッテリー容量を約50%アップすると予想していると伝えています。

従来型の液晶ディスプレイと比べ、有機EL採用により約30%消費電力を下げることが可能になり、バッテリー容量アップとの相乗効果により、バッテリー駆動時間が大幅にアップする可能性が高そうです。

有機ELは、Apple Watch、Touch Barなどで採用済みで、画面焼き付き防止のため、黒い背景となるUIに変わる可能性もありそうです。


関連エントリー
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、次期iPhoneは全てワイヤレス充電対応に?
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、2017年の有機ELディスプレイ出荷数は400〜450%増となると予測
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、iPhone 8は、ワイヤレス充電のために筐体がガラス製に?
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、iPhone 8 Plusは2モデルで1つは有機ELディスプレイを採用?
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、2017年発売のiPhone 8のプレミアムモデルは、全面と背面がガラス製で、ステンレスフレームが特徴になる?
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、2017年発売のiPhone 7sで有機ELディスプレイを採用?
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、iPhone 7sは曲面ガラスケースを採用し、5.8インチAMOLEDディスプレイを採用?


PR

Category

Calendar

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する