DigiTimes

DigiTimes

DigiTimesが、Appleは、iPhone 5から採用しているインセル型タッチパネルを、次期iPhone 6s・iPhone 6s Plusでは、オンセル型タッチパネルに戻す可能性があると伝えています。

戻す理由は、高解像度化や、様々な技術積層により、生産効率の妨げになっていることが理由のようです。

TPKは、オンセル型タッチパネルに、酸化インジウムスズ(ITO)を使用する新しい技術を開発していますが、これをさらに薄くした製品が求められているようです。


関連エントリー
中時電子報:iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6Cは早くて8月発売?
聯合晩報:Apple、次期iPhoneに、Apple Watch Sportと同じ7000シリーズアルミニウムを採用する計画?
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、Force Touchによって、次期iPhoneは、あたらしい体験をもたらすと予測
Future Supplier:iPhone 6Cとされるケース写真を掲載?
DigiTimes:2015年後半に、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6Cの3ラインアップで発売される?


PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する