MacRumors.comが、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は、ミツミ電機や、アルプス電気のVCM アクチュエータ生産力により、光学手ブレ補正機能は、iPhone 6 4.7インチモデルには搭載されず、iPhone 6 5.5インチ液晶モデルのみに搭載される可能性が高いとレポートしていると伝えています。

iPhone 6 4.7インチモデルは、むしろiPhone 5sの改良されたカメラモジュールを搭載することで、光学手ブレ補正を採用しなくても十分性能を向上させることが出来ると考えられるそうです。


関連エントリー
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、Appleは2014年後半に新製品ラッシュを行うと予測
時報資訊:KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、年明けにiPad出荷量が4割減となると予測
9to5Mac:KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、2014年は12インチMacBookや廉価版iMacが発表されると予測
9to5Mac:KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、2014年のiPhoneは4.5〜5インチ液晶を採用?
Mac Fan:2014年5月号に次期iPhoneの図面を掲載?
次期iPhone 6は、曲面に沿うようにラウンドさせた曲面ガラスを採用している?
MacFan:2014年9月にファブレット端末のiPhone 6を発売する計画?
大型画面の次期iPhoneは、iPhone 5cシリーズの上位モデルの可能性があり?
日本経済新聞:ソニー、次期iPhone向けに画像センサー供給を倍増?
Apple、6インチサイズの大画面iPhoneをテスト中?


PR

Category

Calendar

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する