メルセデス・ベンツ Aクラス(W177)

メルセデス・ベンツ Aクラス(W177)

メルセデス・ベンツが、2018年10月から発売を開始した「Aクラス(W177)」のオープン展示を行ったのでチェックしてきました。

このモデルは、Siriのような音声操作が可能な「MBUX」(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)が搭載されています。


M282型1.4L直列4気筒直噴ターボエンジン

M282型1.4L直列4気筒直噴ターボエンジン

ルノー日産と共同開発した「M282型1.4L直列4気筒直噴ターボエンジン」が搭載されています。

最高出力100kW(136ps)、最大トルク200Nm(20.4kgm)/1,460rpmで、前のモデルW176型に搭載されていた270型 1.6L直列4気筒直噴ターボエンジンよりも排気量をダウンサイズしながら最大出力を10kW(14PS)アップさせています。


タッチコントロール付きのマルチファンクションステアリング

タッチコントロール付きのマルチファンクションステアリング

2017年9月にマイナーチェンジした「メルセデス・ベンツ Sクラス(W222) 」から採用された、タッチコントロール付きのマルチファンクションステアリングが装備されています。

または音声アシスタントの「LINGUATRONIC」に「ヘイ、メルセデス」と呼びかけることで操作が可能です。


タッチパネル式10.25インチTFT液晶画パネル

タッチパネル式10.25インチTFT液晶画パネル

2013年10月に発売されたメルセデス・ベンツ Sクラス(W222)で採用された12.3インチTFT液晶画パネルを2つ横に並べたインストゥルメントパネルを進化させ、10.25インチTFT液晶画パネルを2つ横に並べたデザインで、ディスプレイ画面自体がタッチパネル方式となっています。

2018年6月に発売された「メルセデス・ベンツ・CLSクラス(C257)」にデザインは似ていますが、タッチパネル式は、Aクラス(W177)からとなります。


MBUX

MBUX

センターコンソールのタッチパッドでは、指先でセレクト、スワイプ、拡大などがです可能です。

ホームボタンに相当するタッチエリアもり、iPhoneの操作に慣れていれば直感的に使用することが可能です。

MBUX搭載車は車両設定やナビゲーション設定をサーバーに保存することが可能で、Aiにより勤務先やよく立ち寄るお店などの行動を学習し、目的地の候補として自動で提案・ナビゲーションしてくれます。

また、いつも聴いているラジオ局なども提案してくれたり、室内温度設定なども音声で行えます。


A 180 スタイル

A 180 スタイル

A 180 スタイルは、ドア側にシートポジションを電動で調整できるスイッチが装備されていて、さらにシートやドアミラーの位置を3セットまでメモリーでき、ボタンを押すだけで呼び出せます。

また、天候などに合わせて3段階の温かさが選べるシートヒーターが装備されています。


USB-Cメディアインターフェイス

USB-Cメディアインターフェイス

USBメディアインターフェイスの形状が、メルセデス・ベンツ Aクラス(W177) から「USB-Cコネクタ」に変わりました。

Qi規格対応のiPhoneなどを置いておくだけで充電が可能な「ワイヤレスチャージング」にも対応しています。



PR

Category

Calendar

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する