ScanSnap Cloud

ScanSnap Cloud

PFUが「ScanSnap Cloud」サービスを開始することを発表しています。

このサービスは、ScanSnap iX100ScanSnap iX500ユーザに対して無償で提供され、その提供対象は既存ユーザも含まれます。

利用にあたって、iOSアプリ「ScanSnap Cloud」または、Macアプリ「ScanSnap Cloud」で設定が必要になります。


ScanSnap Cloud

ScanSnap Cloud

対応Firmwareを搭載している iX100・iX500 であれば、初期設定時のウィザードにてインターネット接続方法の設定と共に「ScanSnap Cloud」にアカウントが作成され利用可能になります。

なお、Firmware が対応バージョンよりも以前のバージョンが搭載されている場合には、iX500であればウィザードにて自動的にアップデートが、iX100の場合には手動でアップデートをすることで利用可能になります。


ScanSnap Cloud

ScanSnap Cloud

初期設定が完了した後は、ウィザードにて設定した Wi-Fi 電波が利用可能であり、USB接続されておらず、LAN内に「ScanSnap Connect」を起動したiOS搭載機などのスマートフォンが存在しない場合には、ScanSnap iX のScanボタンが紫色に光って「ScanSnap Cloud」を利用可能となります。


なお、PC と USB接続している場合には ScanSnap Manager で明示的に「ScanSnap Cloud」を利用するように設定することで、USB接続はしていないけれどもLAN内に「ScanSnap Connect」を起動したiOS搭載機などのスマートフォンが存在する場合には「ScanSnap Connect」を終了させることで「ScanSnap Cloud」を利用できます。


ScanSnap Cloud

ScanSnap Cloud

このように「ScanSnap Cloud」と接続された ScanSnap iXシリーズ は、スキャンしたデータを全て「ScanSnap Cloud」に送信するようになります。

「ScanSnap Cloud」では送信されてきたデータを分析し、そのスキャンデータを「書類」「名刺」「レシート」「写真」の4種類に分類します。分類された結果を受けて「ScanSnap Cloud」は書類分類ごとに送信先として設定された他社クラウドサービスへスキャンデータを送信します。


送信先として設定できるクラウドサービスは、書類分類1つにつき1サービスまで。

このために全ての書類分類における転送先を「Microsoft OneDrive」に設定することは出来ますが、「書類」の送信先を「Evernote」と「Microsoft OneDrive」にするような設定は不可能となっています。

送信可能な他社クラウドサービスは ScanSnap Cloud SDK を利用してScanSnap Cloudと連携するようにされたサービスに限定され、その種類をユーザが勝手に増やすことなどは出来ません。

「ScanSnap Cloud」に送信されたスキャンデータは2週間 サーバに保存され、「ScanSnap Cloud」アプリを使って参照することが可能になっています。

このようにスキャン結果を一時保存することで「ScanSnap Cloud」による書類の分類にミスが有った場合には、再度のスキャンをする手間なく「ScanSnap Cloud」アプリを使って正しい分類振り分け先にデータ再送することが可能になっています。

一度送信されたデータは「ScanSnap Cloud」アプリでは取り消す事は出来ないので、転送先クラウドサービスで消去・編集をする必要があります。

スキャン品質は初期設定は「自動」ですが、書類分類ごとに設定することも可能です。このために、写真はフルカラーでスキャンするものの、レシートはグレースケールなどの設定が可能になっています。

ただし、「転送容量が余りにも大きくなり過ぎるので」という理由からカラー600dpiでスキャンできる「エクセレント」品質については選択不能となっています。

スキャンしたデータは、スキャン中ページぐらいは一時キャッシュされるものの基本的に逐次「ScanSnap Cloud」への送信が行われます。このために通信環境が著しく悪いところではスキャンの間に待たされることも発生しますが、スキャンテストの結果から「数秒というレベルで済むはず」という事でした。

なお、スキャン中に通信が途切れた場合には、途切れた瞬間にスキャンボタンがオレンジ色となり、スキャニングが停止します。この場合は最後にスキャンしていたページは再度スキャンする必要が有りますが、逐次転送という設計上、それまでにスキャンしていたページは「ScanSnap Cloud」へ転送済みとなっているハズです。

このように、ScanSnap はクラウドのパワーを得ることで、iOS搭載機すら使わずにスキャニングと、そのデータを活用することができるようになります。


関連エントリー:PFU「ScanSnap Cloud」サービス記者発表会を開催




PR

Category

Calendar

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する