AUGM 長崎 2013において、斎賀ムービーラボの高田氏が、4Kムービーワークフローに関して紹介を行った。

最初に、キヤノンのデジタルシネマカメラ「EOS-1D C」を使った作品を紹介した。


また、G-TechnologyのThunderbolt製品を使用したFinal Cut Pro Xワークフローの紹介が行われた。

4K制作では、CPUパワーではなく、ストレージソリューションの方が重要だと説明した。


G-DRIVE evでRAID構築した状態でRAIDユニットを1つ外し、それを、USB 3.0接続でMacに接続すると、RAID構築されたファイルを認識することが出来るとトリッキーな実験を紹介した。

また、G-RAID with Thunderboltを2つを使用して4RAID構築すると、Write/Readで600MB/s以上という性能が出せると実演してみせた。




Video streaming by Ustream


PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する