MAX Sneak Peeks

MAX Sneak Peeks

Adobeが、Adobe MAX 2013において、最新技術や研究を披露する「MAX Sneak Peeks」講演を開催しました。

このMAX Sneak Peeksは、MAXの恒例イベントで、実際に次期製品に搭載される技術もあれば、エンジン部分だけを利用し、実際に搭載される方法が異なるダミー紹介だったりして、デモから将来何を搭載しようと考えているのかを予測する名物イベントです。

Adobe Researchで研究発表されている内容の方が凄いものが多いのですが、今回披露された技術は12個です。


Playing with Lighting

Playing with Lighting

実際に搭載されそうなのは、After Effects & Photoshop向けに開発されている「Playing with Lighting」という技術で、これは、昼間に撮影した写真や動画プロジェクトに対して、夕方に撮影した写真を元に照明効果を同じように適用させることで、あたかも夕方に撮影した作品のように変えることが出来る技術のようです。

ただ、デモを見ると実装されて紹介されているのはAfter Effects CCだけなので、Photoshop CCに実装されるのはかなり先になるような気がします。


Painting with Bobは、Photoshop CCの修復ブラシツールで、ターゲットとするエリアのピクセルを適用するのではなく色情報だけをピックアップして適用させることが出来る技術のようです。

デモでは、これを写真からカラーをピックアップして絵を描くとして紹介されています。


Digital Publication Special Effects (DPS)

Digital Publication Special Effects (DPS)

Digital Publication Special Effects (DPS)は、InDesign CC上でAdobe Digital Publishing Suiteコンテンツを作成する際、オブジェクトに対して炎が揺れるとか、光を放つといったインタラクティブなエフェクトを追加することが出来るようです。

また、傾きセンサーを利用して、立体視させることも出来るようです。


Perspective Warpは、Adobe Photoshop CS2から搭載されているVanishing Pointの遠近感調整機能を、別ウィンドウで開くのではなく、メニューの編集から自由変形を選択して利用出来るようになるデモのようです。

これは、Vanishing Pointプラグインではなく、Adobe Photoshop CCに組込まれることになることを示していると考えられます。


Liquid Search

Liquid Search

今回のMAX Sneak Peeksで一番凄いと思ったのは、Liquid Searchと呼ぶ画像マッチ検索技術で、このデモはiPad上で行われています。

Googleの画像検索では、色マッチ検索などが行えますが、このLiquid Searchでは、検索対象とする写真オブジェクトの色を変えたり、形をリアルタイムに変更すると、その変更に合わせてマッチ検索結果が変化しています。

これは、相当凄いんじゃないかって思います。




PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する