Appleのインダストリアルデザイン担当ヴァイスプレジデントEvans Hankey氏、ヒューマンインターフェースデザイン担当ヴァイスプレジデンAlan Dye氏

Appleのインダストリアルデザイン担当ヴァイスプレジデントEvans Hankey氏、ヒューマンインターフェースデザイン担当ヴァイスプレジデンAlan Dye氏

Wallpaperが、Appleのインダストリアルデザイン担当ヴァイスプレジデントEvans Hankey氏、ヒューマンインターフェースデザイン担当ヴァイスプレジデントAlan Dye氏へのインタビューを掲載しています。

Apple Design TeamがApple Parkに移転して3年が経ち、資源を枯渇させず、気候変動を加速させることなく、顧客や株主に貢献するような、お互いに有益な未来につなげることを目標に掲げ、製品の長寿命化と部品の循環性の間で適切なバランスを取ることを目指しています。


Hankey氏とDye氏は、Appleに根強く残るデザインに対する文化的偏見がなければ、このチームの存在意義はなかったと断言し「私たちは優れた製品を作ることを大切にしていますが、優れたチームと文化を作ることにも同様に力を注いできました。その多くは創業時からのものです。スティーブはAppleをデザインで定義しました。デザインとは単なる化粧品ではない、という彼の言葉をいつも思い出します。デザインとは単なる化粧品ではなく、どのように機能するかが重要なのだと。Apple Parkでの3年間を経て、すべてのApple製品を1つのデザインチームに集約するというビジョンを、私たちはこれ以上信じることができませんでした。」と語っています。

AirPodsの開発が始まった10数年前、AppleのヒューマンファクターエンジニアKristi Schmidt Bauerly氏は、非常に複雑な人間の耳について研究していて、耳を型取りしてスキャンし、近くの学者と協力して、イヤーバッドのデザインのために外耳、音響のために内耳に焦点を当てましたと説明したそうです。

Hankey氏は「何千もの耳がスキャンされ、それらをすべて集めて初めて「デザインスペース」を見つけることができ、私たちは世界最大級の耳のライブラリを構築したと思います。」と話し、Bauerly氏は「データベースがデザインの出発点なのです。それから繰り返し、繰り返し。」と語ったそうです。


新製品は新たな専門分野を生み出し、Apple Parkはこの成長と異種交配を考慮して設計されました。スケッチ、モデル作成、プロトタイプ作成を社内で行うことで、製品の進化に欠かせない流動的なワークフローを実現しています。プロトタイプ作成は非常に重要で、スケールやインタラクションから、素材、色、テクスチャー、表面に至るまで、すべてを網羅しています。

Apple Watchでは、物理的な通知システムの設計、構築、実装を行わなければならず、強度は?長さは?何が自然なのか?Hankey氏は「Watchは、私たちがこれまで作ってきた製品の中で最も親密で、最もパーソナルな製品になることはわかっていました。」と言います。また、どこかで注目してもらう必要があることもわかっていました。」と語っています。

タップ "のアイデアを提案したのは、長年デザインチームに所属しているDuncan Kerr氏で「こんなにシンプルで素敵なものなのに、どうやって実現すればいいのかわからなかった。」とHankey氏は言います。

不格好な試作品を何度も作り、触覚の専門家であるCamille Moussette氏の協力を得て「タップ」は洗練され、完成したそうです。


Appleは、環境への配慮について常に考えていて、iPhoneの箱からプラスチック製のシュリンクを取り除くという、表面的には単純で環境に良いと思われることでも、チーム内では自問自答の発作が起こるそうで、どうすれば開封の喜びを維持できるのか?もっと身近なものにできないだろうか?この問題を検討し、分解し、最終的にはエレガントな紙製タブ機構で解決したそうです。

この変更により、製品の使用期間中、約600トンのプラスチックを節約することができます。

AppleのヒューマンインターフェースデザイナーのJohnnie Manzari氏は、AppleがiPhoneで写真にフォーカスしたことでハードウェアのデザインにも影響を与え、レンズをどのようにグループ化して配置するかという点だけでなく、カメラソフトウェアが従来のアナログ機器の段階的なダイヤルを想起させる方法にも影響を与えているそうです。

そのために、素材からケースの書体やレイアウトに至るまで、膨大な量のヴィンテージカメラの調査・研究・撮影が必要で、新しいフォント「SF Camera」は、「箱型」のアナログな雰囲気を醸し出しています。「写真」アプリは、ワンストップのポストプロダクション機能としてだけでなく、特定の思い出をキュレーションして提供する機能がより洗練されたものになっており、ヒューマンインターフェースデザイナーのNicole Racquel Ryan氏は「思い出は、人や場所を特定することができます。思い出は人や場所を特定し、それらを美しい映画のようなムービーにパッケージして再生することができます。」これは没入型のノスタルジアであり、デバイスが私たちの生活の隅々にまで入り込んでくるもう一つの方法だと話したそうです。


Dye氏は「Appleは長い間、タイポグラフィと非常に特別な関係を築いてきました。」と認めていて、デザインチームのタイポグラフィスペシャリストの一人であるLance Wilson氏は、2014年に初代Apple Watchに同梱され、最終的にiOS 9とOS Xに搭載されたネオグロテスクな書体「San Francisco」の開発者の一人で、四半世紀ぶりに作られた特注のAppleフォントであるSan Franciscoは、特にApple Watchの小さな画面上で多くのことをしなければならず、Helveticaの流れを汲むSan Franciscoは、150の言語に対応し、SF Rounded、SF Mono、Apple Pay用の3Dバージョンなどのバリエーションに進化しています。


Hankey氏は「現在、テクノロジーはより親密になっていて、絵文字には無限のバリエーションがありますが、大量生産された工業製品の中でユーザーに選択肢と個性を与えることは、まったく別のことで、これがWatchの課題でした。Apple Watchは、私たちがスタジオで一丸となって取り組んでいる仕事の素晴らしい例です。」と話し「Apple Watch Series 7では、画面サイズが20%拡大され、時計の顔全体を覆うようになり、これは当初からのデザイン目標でしたが、製品の反復的かつ段階的な進化と、エンジニアリングチームとの密接な関係によってのみ達成することができました。と語ったそうです。

また、Apple Watchには、独自の入力装置であるデジタルクラウンがあり、デザイナーのMolly Anderson氏は「私たちはソフトウェアとハードウェアを融合させたかったのです。クラウンは、時計の歴史を参照し、Apple Watchを腕に装着したiPhoneのアイデアとは全く異なる感覚にするために、物理的なメカニズムと触覚的な入力が必要だと気づいたことから生まれました。」と説明したそうです。

Apple WatchのSolo Loopのバンドは、靴のようにサイズが決められており、自分に合った快適な装着感を実現しています。素材の専門家がチームに加わっただけでなく、このデバイスがさらに多くのことを可能にすることが明らかになったため、Appleのヘルス&フィットネス部門が設立されることになったそうです。


Hankey氏は「私たちがこれまで手がけてきた他の製品とは、まったく違った形でお客さまに使っていただけることがわかりました。」話し「健康は常にApple Watchのエコシステムを構成する数多くの要素のひとつであることはわかっていましたが、それがどれほど重要なものになるかは想像していませんでした。」と語っています。


PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー
Amazonのアソシエイトとして、MACお宝鑑定団は適格販売により収入を得ています。

Link

RSSを取得する