Taptic Engine

Taptic Engine

Appleが、WWDC19において「Core Haptics」を行い、その内容を公開しています。

iPhone 6s/6s Plusから3D Touchと共に搭載されたリニアアクチュエータ「Taptic Engine」は、元になっているデータがサウンド波形であることを初めて明らかにしています。


Audio Haptic experience

Audio Haptic experience

非常に低い1音をTaptic Engineに送ると1振動となりますが、元がサウンド波形であるため、音に近い振動となり機械的には感じません。


Apple Pay

Apple Pay

Appleは、これをスピーカーから出る音の波形とTaptic Engineの振動波形を調和させることによる音と触覚とのハーモニーを「Haptic Engine」と呼んでいるそうです。

セッションで初めて気付いたのですが、Apple Payで支払を行う時2種類のトーンと同時に本体が少し振動しています。


Haptic Engine

Haptic Engine

この振動は2種類のトーンと同じタイミングで2種類の異なる振動を発動しているそうです。


Apple WatchのDigital Crown

Apple WatchのDigital Crown

また、Apple WatchのDigital Crownは、機械式時計を研究した結果、リューズを回すことによって動く歯車から出る音と、歯車が噛み合うことによる振動を再現する方法としてHaptic Engineを使っていることも明らかにしています。

しかも、機械式時計がそうであるように、わざと音と振動を小さくしているのだそうです。


ARとサウンド

ARとサウンド

ARで台所にキッチンタイマーを表示したとして、そのARオブジェクトにiPhone 6sを近づけるとタイマーの音が大きくなり、離すとタイマーの音が小さくなるよう仕掛けることで、ARに対する実体感が大幅に増すとデモしています。

Appleは、サウンドによって人間の聴覚を刺激することはとても有効だと説明しています。


What is Core Haptics?

What is Core Haptics?

Haptic Engineを使用する「Core Haptic」は、オーディオハードウェアの一部とTaptic Engineを使用します。

対応する端末として、iPhone 8シリーズ、iPhone Xシリーズでサポートされます。


Core Haptics and Augmented Reality

Core Haptics and Augmented Reality

Appleは、Human Interface Guidelinesに「Haptics」を追加しています。

Core Hapticsは、ARゲームで実装するとより現実感が増すとして推奨しています。


Apple Haptic Audio Pattern (AHAP)

Apple Haptic Audio Pattern (AHAP)

実装するにあたり「Apple Haptic Audio Pattern」(AHAP)について説明し、JSON型ファイルフォーマットを作成し、オーディオファイルや画像など他のファイルリソースと同様に、Xcodeプロジェクトに追加して使用します。


PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する