GarageBand for Mac

GarageBand for Mac

Rolling Stoneが、今年で15周年を迎えた「GarageBand」ソフトウェア開発に関するメディアツアーに参加した内容についてレポートしています。

Emagicの創業者で、後にAppleに買収され、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアディレクターGerhard Lengeling博士は、LogicとGarageBandチーム6人を率いてサンプリングサウンド開発を続けているそうです。


Appleは、最初にミュージックアプリ開発スタジオを公開し、そこで、Garagebandに含まれるサウンドの合成音制作と実楽器音の収録の制作プロセスが、1つの楽器につき数週間あるいは数カ月にわたることを示したそうです。

最近の製品アップデートで中国の楽器を追加したとき、エンジニアは世界中のデザイナーと相談して、中国の古筝が最も本物らしく見えるように木の素材やフォントを選び抜いたそうです。

AppleはGarageBandがプロフェッショナルな製品として見えないように注意を払っていて、Logic Pro Xアプリと遜色のないサウンドを持つにも関わらず、Appleの発表イベントで、そうしたことにほとんど触れていません。

その理由について、Appleのプロマーケット担当ヴァイスプレジデントSusan Prescott氏は「GaragebandとLogicとの関係は有機的に繋がっていて、GarageBandはプロのための機能やデザインにより、ユーザーがプロになるためということではなく、パワーユーザー向けのオプションを豊富に用意している。」と話し、ホビーとプロとを明確に分て考えていると説明しています。

Appleは、過去15年間の間、数ヶ月ごとに着実に進化し続けているこれら音楽制作アプリの将来について、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアヴァイスプレジデント、Philip W. Schiller氏は、ヒットを解き明かすことを簡単かつ迅速にする可能性があるとし「具体的な知識がなくても、機械学習によってユーザーがやりたいことを予測することで、より多くの役立つ能力を可能にするシステムやソフトウェアのようにすることは価値があると考えている」と話し、自社アプリに対して、積極的に機械学習技術を投入する計画があることを明かしています。

Schiller氏は「次のジョン・レノンは、クリスマスプレゼントにもらったコンピュータで、自分の才能に気づくことになるかもしれない」とフィル・シラー氏は話したそうです。


関連エントリー:Appleの初心者向けの音楽制作ソフトウェア「GarageBand」15周年を迎える


PR

Category

Calendar

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する