Appleが、2019年第1四半期決算報告に伴うカンファレンスコールの中で、Tim Cook CEOは、オリジナルコンテンツ業界に参入する計画であることを明らかにしています。

その制作のために、テレビ番組の司会者兼プロデューサーであるオプラ・ウィンフリー氏と複数年契約し、複数の有名なスタッフを雇っていると説明しています。

具体的な内容については、まだ明らかに出来ないが、いずれ話せると語っています。


決算については、昨年同期比と比べて5%減だが、為替変動を反映した場合3%減となると説明しています。

アメリカ、カナダ、メキシコ、ドイツ、イタリア、スペイン、韓国で記録的な収益を記録し、売上高減となった中国では、ウェアラブル実績は50%増となり、MacとiPadの購入者のうち、3分の2以上が初めて購入したユーザーだったそうです。

iPhone事業の減収は、為替の影響に加え、一部の先進国における補助金の欠如を上げています。

iPhoneの世界におけるアクティブインストールベースは、全5地域で前年同期比で9億台を突破し、過去12か月間で7500万台を突破したそうです。

Appleは、2016年から2020年にかけて、サービス事業における収益を2倍にするという目標を持っており、その計画は順調に進んでいると説明しています。

iPhoneの価格が高過ぎるのでは?という質問に対して、Tim Cook CEOは、iPhone XSは昨年発売したiPhone Xと同じで、iPhone XS Maxは100ドル高く、iPhone XRはiPhone 8とiPhone 8 Plusの間の価格に決めていて、実際に昨年との比較で小さいと説明しています。


関連エントリー:Apple、テレビ番組の司会者兼プロデューサー、慈善家であるオプラ・ウィンフリーさんとコンテンツパートナーシップを発表


PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する