Daring Fireballの記事「Scuttlebutt Regarding Apple’s Cross-Platform UI Project」の中で、BloombergのMark Gurman氏が伝えた、iOSアプリとmacOSアプリの統合ユニバーサル開発プロジェクト「Marzipan」に関して、その後、これに関する情報が出てこないことや、技術的な詳細に関する内容が軽いと指摘し、もうMarzipanとは呼ばれておらず、まだ漏れていないプロジェクトネームなどを含め、デベロッパーがiOSアプリとmacOSアプリを開発しやすいように「クロスプラットフォームAPI」のような仕組みで、iOSとmacOSが宣言型なコントロールAPIを持つべきで、UIKit(iOS)とAppKit(MacOS)のAPIの違いを抽象化する問題に取り組むプロジェクトだと説明しています。

WWDC2018では発表されず、2019年にリリースされる予定のmacOS 10.15とiOS 13まで待たなければならないと説明しています。


Appleは、パフォーマンスと品質改善に注力するため、いくつか搭載予定だった新機能を先送りにすること述べているとAxiosが以前伝えていましたが、この段階で先送りになった機能の1つで、John Gruber氏が言うように、今年の実装ではなく2019年のリリースとなるようです。

また、目的はMac App Storeの活性化であり、macOSをiOS化することが目的ではないと考えています。

John Gruber氏は、WWDC2018では発表されないとしていますが、お宝は、ITmedia NEWS TVでも話したように、スニークプレビューレベルの動くデモは行われると考えています。


関連エントリー
Bloomberg:コードネーム「Peace」と呼ばれる次期iOS 12の新機能をスクープ
Axios:Apple、次期iOSは予定していた新機能を先送りし、信頼性と安定性を重視
Bloomberg:Apple、iOSアプリとmacOSアプリの統合ユニバーサル開発を検討中?



PR

Category

Calendar

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する