Platforms State of the Union

Platforms State of the Union

Appleは、WWDC2017におけるセッション「Platforms State of the Union」において、iOS 11は64bitアプリのみをサポートし、macOS High Sierraは最後の32bitアプリサポートmacOSとする方針だと明らかにしています。


Platforms State of the Union

Platforms State of the Union

2018年1月からは、Mac App Storeに登録する新しいアプリに関して、64-bit化必須となり、2018年6月以降はアップデートにもこれを適用するそうです。

なお、iOS 11では32bitアプリは起動できなくなるそうです。


QR Code

QR Code

基調講演で中国語向けの機能として紹介された「QR Code」に関しても追加の情報がなされ、SiriKitやカメラAppでも使用することが出来ると説明しています。


WiX.com

WiX.com

基調講演で、写真Appからサードパーティのプリントサービスが利用可能になると説明していましたが、実際に利用可能になるのは「Ifolor」「WiX.com」「WhiteWall」の3サービスだそうです。

今後、サービスは増えるようですが、現状で日本語サービスを提供しているのは、WiX.comのみとなります。


HEVC

HEVC

iOS 11、macOS High Sierraは、動画圧縮規格の一つで、H.264/MPEG-4 AVCの後続フォーマット「HEVC/H.265」をサポートします。


HEIF

HEIF

また、 Nokiaの画像圧縮技術「HEIF」(ISO/IEC 23008-12)もサポートされます。

高解像度ファイルの扱いがし易くなり、また、露出情報を別保存することができるため、様々なフィルター合成処理が可能になるそうです。


HEVC/HEIF

HEVC/HEIF

iOSデバイス、Mac、iCloud間ではHEVC/HEIFを使用あすることで、ストレージ使用率を下げることが可能になります。

外部転送には従来のJPEGやMP4が使用されるそうです。


Vision

Vision

新しく「Vision」という技術が追加され、カメラに写った被写体に対して、人物だけでなく、持っている物を認識することが可能になるそうです。

例えば、男性がギターを持っている場合、ギターのステッカーが表示され、人物に対してミュージシャンであるとAI判定されて、ミュージシャン風のスタンプ処理が出来るそうです。


ARKit

ARKit

Tim Cook CEOが、将来の基礎となると話した「ARKit」に関して、サポートされるiOSデバイスは、iPhone 6s、iPhone 6s Plus以降、iPad Pro以降(A9チップ以上必要)となるそうです。

ARKitは、カメラからの情報と、GPSや加速度センサーの情報をCPUがリアルタイムに処理を行うことで実現するため、それなりのCPUパフォーマンスが必要のようです。


Metal 2に関して、Metal for VRによってVRコンテンツ作成が行える他に、360度動画編集や3Dコンテンツ作成が行えるそうです。

このことから、将来のFinal Cut Pro Xは、VR制作だけでなく360度動画編集が可能になるのかもしれません。


PR

Category

Calendar

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する