アドビシステムズGoogleが、日本語、中国語、韓国語を1つのフォントで表示可能なオープンソースデジタル書体「Source Han Sans」(源ノ角ゴシック)と対をなすオープンソースデジタル書体「Source Han Serif」(源ノ明朝)を発表しています。

日本語で用いる文字(約1万7千文字)、中国語で用いる繁体字(台湾と香港SAR)と簡体字、韓国語で用いる文字(ハングルを含む)だけでなく、ギリシャ、ラテン、キリルの各文字もサポートし、OpenTypeフォーマットとしては最大数の65,535文字をフォントごとにデザインされています。


Googleは、このフォントの独自バージョンを、Noto pan-Unicodeフォントファミリーの一部として「Noto Serif CJK」という名前でリリースしています。


関連エントリー:アドビシステムズとGoogle、日本語、中国語、韓国語を1つのフォントで表示可能なオープンソースデジタル書体「Source Han Sans」(源ノ角ゴシック)を発表



PR

Category

Calendar

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する