Mac mini (M1, 2020)

Mac mini (M1, 2020)

Appleが販売を開始した、M1チップを搭載したMacコンピュータ「Mac mini (M1, 2020)」をチェックしてみました。

Mac mini (M1, 2020)/M1/8GB/256GB/8 Core GPUの構成モデルです。

なお、CTOで、16GBメモリ、2TBSSDが選択できます。


Mac mini (M1, 2020)

Mac mini (M1, 2020)

Mac mini (2018)のスペースグレイカラーから、Mac mini (Late 2014)まで採用されていたシルバーカラーに戻りました。

Mac mini (2018)はThunderbolt 3ポートが4つ搭載されていましたが、Mac mini (M1, 2020)では、Thunderbolt 3/USB 4ポートが2つ搭載に変更されています。

Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)に対応しています。


Mac mini (M1, 2020)

Mac mini (M1, 2020)

底面は、Mac mini (2018)同様にユーザーによってアクセスすることが出来ない仕様になっています。

なお、Mac mini (M1, 2020)のメモリやストレージは、基盤上に直接実装されているため、購入後に増設することは出来ません。


Mac mini (M1, 2020)

Mac mini (M1, 2020)

fnキーを押すと「ひらがな」「ABC」の切り替えが行えます。

これは、システム環境設定のキーボード>入力ソースにある入力モードのチェック項目と連動するM1チップ搭載Mac特有の機能となります。

MacBook Air (M1, 2020)、MacBook Pro (13-inch, M1, 2020)の場合、fnキーに入力ソースアイコンが追加されています。


Mac mini (M1, 2020)

Mac mini (M1, 2020)

システム情報で確認したところ、機種IDはMacmini9,1、M1チップは8コアでパフォーマンスコア4、効率性コア4、システムファームウェアのバージョンは6723.50.2となっていました。

なお、M1チップは、メインが高効率コアで動作し、高い負荷がかかりさらに性能が必要になった場合に高性能コアに変わる仕組みとなっています。


Mac mini (M1, 2020)

Mac mini (M1, 2020)

MacBook Air (M1, 2020)の場合、GPUコアが7コアと8コアの2種類が販売されていますが、MacBook Pro (13-inch, M1, 2020)の場合は、どの構成でもGPUコアが8コア仕様となります。

ビデオのサポートは、1台の外部ディスプレイで最大6K解像度、60Hzに対応しています。


Mac mini (M1, 2020)

Mac mini (M1, 2020)

256GBSSDは、Apple SSD AP0256Qが搭載されています。

これまでのようなリンク幅、リンク速度の表示がされなくなりました。

また、ボリュームのEFI表示ではなくなり、disk表示に統一されるようになっています。


AJA System Test 15

AJA System Test 15

AJA System Test 15(Rosetta 2)を使用してストレージ性能を計測してみたところ、Mac mini (M1, 2020)/M1/8GB/256GB/8 Core GPUのドライブ性能は、Write 2213MB/s、Read 2877MB/sという性能が出てました。

ネイティブ環境での計測値ではありませんが、これまでのMac miniの中で速い結果となっています。




PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する