Geekbench 4

Geekbench 4

Geekbench(64bit)を使った「MacBook Air (Retina, 13-inch, 2019)」のベンチマーク結果を比較してみました。

比較データーとして、過去のMacBook Air (Retina, 13-inch, 2018)、MacBook Air (13-inch, 2017)、MacBook Air (13-inch, Early 2015)のGeekbench計測データを使用しています。


MacBook Air (Retina, 13-inch, 2019)/1.6GHz Core i5を、MacBook Air (Retina, 13-inch, 2018)/1.6GHz Core i5と比べた場合約1.01倍速いという結果でした。

CPUはIntel Core i5-8210Y/1.60GHz(3.6GHz)で変わっていませんが、macOSの最適化が進んで速くなっていると考えられます。


Geekbench 4データ
MacBook Air (Retina, 13-inch, 2019)/1.6GHz Core i5/8GBRAM/Intel UHD Graphics 617


Geekbench 4 Compute

Geekbench 4 Compute

Geekbenchの「Geekbench 4 Compute」で、GPU性能を計測してみました。

macOSで計測出来るのは「Metal」と「OpenCL」ベンチマークとなります。また、GPUはCPU性能にもある程度依存します。


MacBook Air (Retina, 13-inch, 2019)/Intel UHD Graphics 617とMacBook Air (Retina, 13-inch, 2018)/Intel UHD Graphics 617を比較して、OpenCLスコアは約1.3倍、Metalスコアは同等性能という結果でした。


参照:Geekbench 4 Compute Results


AJA System Test

AJA System Test

AJA Video Systemsのディスクベンチマーク「AJA System Test」を使用して内蔵ディスクのベンチーマークを計測してみました。

MacBook Air (Retina, 13-inch, 2019)/1.6GHz Core i5/8GBRAM/128GBSSDのドライブ性能は、Write 271MB/s、Read 410MB/sという性能が出てました。


APPLE SSD AP0128N

APPLE SSD AP0128N

搭載されていたフラッシュストレージは、MacBook Pro (13-inch 2019 Two Thunderbolt 3 Ports)と同じ、NVM Express接続(リンク幅x4 リンク速度8.0 GT/s)の「APPLE SSD AP0128N」(128GB)でした。

このAPPLE SSD AP0128Nは、全体的にドライブアクセス性能に波があるような感じです。


Intel(Max Turbo クロック)
Intel Core i5-8210Y/1.60GHz(3.6GHz)(2 Core/4 Threads)


GPU
Intel UHD Graphics 617


関連エントリー
MacBook Air (Retina, 13-inch, 2019) をチェック
MacBook Air (Retina, 13-inch, 2018) ベンチマーク
MacBook Air (13-inch, 2017) ベンチマーク
MacBook Air (Early 2015) ベンチマーク




PR

Category

Calendar

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する