Mac Pro (2019)/Pro Display XDR

Mac Pro (2019)/Pro Display XDR

Appleが、基調講演後に、メディア向けに「Mac Pro (2019)」と、6K Retinaディスプレイ「Pro Display XDR」のハンズオンを行った場所で、WWDC19の参加者を対象にした「Pro Studio」を行っていたので色々質問してきました。

Mac Pro (2019)、Pro Display XDR ハンズオン後、知りたかったことが中心の内容です。


Mac Pro (2019)

Mac Pro (2019)

LCコネクター式ファイバーケーブルが4本接続されたFibre Channel Host Bus Adapters (HBAs)が接続された展示機もありました。

触れないので仕様は不明ですが、上から3段目に増設されていることから、half-length仕様になるので、LPe16004 FC Host Bus Adapterのような製品だと考えられます。

AMD Radeon Pro Vega IIが2個搭載されている状態なので、背面側のThunderbolt 3ポートは合計で10ポートになります。(さらに、トップ面に2個ある)


Promise Pegasus R4i 32TB RAID MPX Module Kit

Promise Pegasus R4i 32TB RAID MPX Module Kit

Mac Pro (Mid 2012)のように、本体内にハードドライブを追加出来るのかと質問したところ、本体内蔵RAIDストレージとして、Promise TechnologyのFull-height MPX Module接続に対応した「Promise Pegasus R4i 32TB RAID MPX Module Kit」と、内部に簡単装着できる「Promise Pegasus J2i」が販売される予定だそうです。


Mac Pro (2019)アクセサリー

Mac Pro (2019)アクセサリー

付属する「Magic Keyboard(テンキー付き)」は、ベースはシルバーでキートップがブラック、「Magic Mouse 2」は、下側がシルバーで上がブラック、オプションの「Magic Trackpad 2」も、下側がシルバーで上がブラックという専用カラーとなっています。

アクセサリー充電のためにUSB-C Lightningケーブルが付属します。


Mac Pro (2019)アクセサリー

Mac Pro (2019)アクセサリー

このシルバー/ブラックのコンビネーションカラーモデルは専用製品となり、別売についての予定に関しては分らないそうです。

iMac Pro (2017)の時は、最初、同梱のスペースグレイモデルは専用品でしたが、後に単品販売がされました。


Affinity Photo

Affinity Photo

Serifの写真編集ソフト「Affinity Photo」(ベータ版)を使ったデモでは、アクティビティモニタのCPU使用率を表示して、Intel Xeon W-3275M(28 Core/56スレッド)が動いてる状態が確認出来ました。

PCI Express gen 3スロットに関して、スロットは汎用だけど電源も汎用なのかと質問すると、拡張カードは電源も標準規格に従ってるはずとのことでした。


Mac Pro (2019)はmacOS Mojaveで出荷

Mac Pro (2019)はmacOS Mojaveで出荷

Mac Pro (2019)はmacOS Mojaveがインストールされて出荷されますが、macOS Catalinaで実装されるMac Pro (2019)専用のMetal関連が先行して含まれるようで、デモ展示されているFinal Cut Pro XやLogic Pro Xは最適化中の開発版でした。

一部動かないエフェクトなどがあり、触らせてももらえないどこか、bildナンバーすら教えてくれませんでした。


Afterburner

Afterburner

FPGAまたはプログラマブルASICで構築されたハードウェアアクセラレータカード「Afterburner」は、ProResとProRes RAW専用のアクセラレーターカードで、他の処理では有効にはなりませんが、Xeonの性能に関係なく最大3ストリームの8K ProRes RAWまたは12ストリームの4K ProRes RAWを処理できるそうです。

他の処理には使えないのかと質問すると、将来については答えられないとのことでした。


Pro Display XDR

Pro Display XDR

Pro Display XDRはThunderbolt 3搭載Macならどれでも使えるのかと質問したところ、どのMacが使えてどのMacが使えないのかは分らないが、Mac Pro (2019)は確実に使えるとのことでした。

背面に3つあるUSB-CポートはUSB 2性能(480Mbps)ですが、Thunderbolt 3接続で6Kではなく5K解像度表示になるMacと接続した場合、USB-CポートはUSB 3.1 Gen 1性能(5Gbps)にアップするそうです。


Mac mini (2018) ラックマウント

Mac mini (2018) ラックマウント

Pro Studioには、Mac mini (2018)を8台ラックマウントされた状態の展示も行われていました。

QuantumのNVMeストレージ「F2000」と「Xcellisスケールアウト・ストレージ」に加え、4K UHDモニタなどと一緒に小型のサーバールーム風の展示がされていました。

放送局への導入が想定されていると予想されます。

Update:当初Mac Pro (2019) ラックマウントバージョンと紹介していましたが、誤りでした。


関連エントリー:Mac Pro (2019)、Pro Display XDR ハンズオン


PR

Category

Calendar

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する