MacBook Air (11-inch, Early 2015) APPLE SSD AP0128H

MacBook Air (11-inch, Early 2015) APPLE SSD AP0128H

Appleが、2015年3月から発売している「MacBook Air (11-inch, Early 2015)」のPCIeベースフラッシュストレージを、SATA Express接続からNVMExpress接続に変更していることが分かりました。

これは、読者が、MacBook Air (11-inch, Early 2015)のフラッシュストレージ修理を行った際、APPLE SSD AP0256Hに変わっていたという報告があり、独自に調査した結果、実際に変わっていることが確認出来ました。


MacBook Air (11-inch, Early 2015) APPLE SSD AP0256H

MacBook Air (11-inch, Early 2015) APPLE SSD AP0256H

具体的な時期は不明ですが、少なくとも2015年10月中旬から変更されているようです。

確認出来たPCIeベースフラッシュストレージは「APPLE SSD AP0128H」と「APPLE SSD AP0256H」の2種類で、256GBフラッシュストレージは、MacBook (Retina 12-inch, Early 2015)で基板直付けされている形式名と同じでした。


Blackmagic Disk Speed Test

Blackmagic Disk Speed Test

Blackmagic Disk Speed Testを使用し、SATA Express接続の「AAPLE SSD SM0256G」と、NVMExpress接続の「APPLE SSD AP0256H」とをベンチマーク比較してみました。

AAPLE SSD SM0256Gは「Write 555.7MB/s、Read 694.5MB/s」、APPLE SSD AP0256Hは「Write 509.1MB/s、Read 1086.3MB/s」という結果で、Read性能が約1.6倍高速化されています。


MacBook Air (13-inch, Early 2015) AAPLE SSD SM0128G

MacBook Air (13-inch, Early 2015) AAPLE SSD SM0128G

MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)の場合、SATA Express接続ですが、リンク速度は「8.0 GT/s」で「Write 1182MB/s、Read 1887MB/s」という性能があり、今回のMacBook Air (11-inch, Early 2015)のNVMExpress接続は、SATA Express接続と同じ「5.0 GT/s」のリンク速度のため、性能が制限された状態のようです。

なお、2015年10月以降に出荷されたMacBook Air (13-inch, Early 2015)は、SATA Express接続モデルしか確認出来ませんでした。


関連エントリー
MacBook Air (Early 2015) をチェック
MacBook Air (Early 2015) ベンチマーク



PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する