2015年03月12日(木)

MacBook Air (Early 2015) をチェック

MacBook Air (Early 2015)

MacBook Air (Early 2015)

Appleが発売を開始した「MacBook Air (Early 2015)」をチェックしてみました。

筐体は、MacBook Air (Early 2014)と同じで変更はありませんが、内部的には、CPU/GPUの性能アップに加えて、Thunderboltポートが、Thunderbolt 2ポートにアップグレードされています。


展示されているモデルは、1.6GHz Core i5の256GBフラッシュストレージモデルなのですが、11インチには「APPLE SSD SD0256F (SanDisk)」が、13インチには「APPLE SSD SM0256G (Samsung)」が搭載されています。


APPLE SSD SD0256F

APPLE SSD SD0256F

Blackmagic Designのディスクベンチマーク「Blackmagic Disk Speed Test」を使用して内蔵フラッシュディスクのベンチーマークを計測してみました。

「APPLE SSD SD0256F (SanDisk)」は、Write 568MB/s、Read 698MB/sという性能でした。


APPLE SSD SM0256G

APPLE SSD SM0256G

次に「APPLE SSD SM0256G (Samsung)」を計測してみると、Write 1196MB/s、Read 1307MB/sという性能で、APPLE SSD SD0256F (SanDisk)よりも1.8倍ほど速くなっています。

同容量のフラッシュストレージでも、Samsung製の方が、かなり速いようです。


Thunderbolt 2ポートに関しては、ポートにあるThunderboltアイコンは変わっていません。

システム情報でThunderboltを確認してみると「最高 20 Gb/秒」表示され、Thunderbolt 2仕様であることが確認出来ます。


関連エントリー
MacBook Air (Early 2015) ベンチマーク
Apple Retail Store、MacBook Air (Early 2015)のUltimateモデルを販売開始
Apple、Thunderbolt 2を搭載した「MacBook Air (Early 2015)」を発表




PR

Category

Calendar

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する