Mac Pro 2013

Mac Pro 2013

Appleが、WWDC2013においてプレビューした「Mac Pro (Late 2013)」のショーケース展示が行われていました。

基調講演でもあったように、ケースが上に持ち上げられた形で、中身が見えるという展示が行われています。


Appleマークは背面側にあり、オーディオ入出力、USB 3.0 x4、Thunderbolt 2 x6、Giga Ethernet x2、HDMI、電源ボタン、ACコネクタなどが装備されています。

筐体を開けるためのロック解除ボタンも装備されています。


筐体の頭部は、放熱を逃がすために丸く開いていて、その下にユニットの放熱機構の頭が下に見えるといった構造になっています。


底面側は、吸気スリットが設けられていて、空気取り入れ口になっています。

下から上に放熱される仕組みとなっています。


内部フレームの上部排気用スリットは金属で出来ていて、とても剛性感を感じます。

ほとんど人の目に触れることはないと思いますが、非常に美しい仕上げがされています。


中身は、3つの基盤で構成されていて、2つの基盤にはAMD FireProが内側を向く用に装着されているようです。

また、1つの基盤に、PCI Express接続のフラッシュストレージが装着されています。


ECC DDR3 1866MHzメモリは、左右に2個用意されていて、メモリ増設はユーザーが行えるようになっている感じです。

Xeonプロセッサは、ポート類の裏側にある基盤に装着されているそうですが、目にすることは出来ませんでした。

ガイドフレームから、筐体は、少し右に回して上に持ち上げる仕組みとなっていることが推測出来ます。


1枚のマザーボードに寄ってみて見ると、小さなチップ類が整然と配置されていることがわかり、指示プリントも整頓された状態だと分かります。

ここまで美しさに拘ったマザーボードは、Appleならではだと感じます。


メモリ増設スロットを見てみると、単に開閉式になっているのではなく、iMac (27-inch, Late 2012)のメモリ増設機構のように、ゆっくり開くギミックが仕込まれているようです。




PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する