macOS Mojave

macOS Mojave

Appleが、WWDC2018において発表した「macOS Mojave」の特長を紹介した「macOS Mojave Preview」の「Mac is more fluent than ever」で説明されている日本語入力変換がより流暢になると説明されていることに関して、Labで確認したところ、macOS High Sierraから可能になった日本語入力時のカタカナ英語変換の候補バリエーションが、macOS Mojaveでは増えているそうです。


JapaneseIM Ver 1.0

JapaneseIM Ver 1.0

変換エンジンは「JapaneseIM Ver 1.0」のままで変更はなく、機能向上を実現していることになります。

なお、macOS High Sierra 10.13.4から、入力方式として「ローマ字入力」だけでなく「かな入力」でも、カタカナ英語変換が出来ます。


macOS Mojave

macOS Mojave

また、Mac is more fluent than everには、中国語に香港キーボードがオプションとして追加されると説明されています。

繁体字が採用されていますが、香港の場合、中国本土では少数派言語である広東語が多数を占めます。

香港キーボードを追加した場合、一部のアプリケーションおよびWebページでは使用できますが、macOSで完全にサポートされているわけではないとの注意追記されています。


関連エントリー:macOS High Sierra:日本語ローマ字キーボードでの英語入力に対応


PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する