セキュリティとプライバシー

セキュリティとプライバシー

macOS Sierraから、セキュリティ機能をアップデートし、WWDC2016のセッション「What's New in Security」の中で説明しているように、開発元が、Appleから固有のデベロッパ ID を取得して、アプリケーションに、その ID でデジタル署名を付加し、照合確認されたアプリケーションのみ利用できる「Gatekeeper」に対応したアプリケーション以外は利用できなくなりました。


OS X El Capitanまでは、Apple メニュー >「システム環境設定」>「セキュリティとプライバシー」>「一般」タブの「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」の中に「すべてのアプリケーションを許可」の項目がありましたが、macOS Sierraでは削除されています。


Gatekeeper

Gatekeeper

Gatekeeper に対応するデベロッパ ID で署名されていない App については、その App の開発元に連絡を取り、Gatekeeper に対応するアップデートを提供する予定があるか確認してください。


個別に起動を許可する

Gatekeeper非対応アプリは、クリックしても起動できませんが、個別許可を与えることで起動することができます。

controlキーを押しながらクリックし、コンテキストメニューから「開く」を選択します。

通常は「キャンセル」しか表示されないはずの横に「開く」ボタンが表示されます。


開くボタンをクリックし、管理者名とパスワードを入力すると起動できます。

一度許可を与えると、ゲストユーザーでも起動できるようになります。

セキュリティ上のリスクを考慮して使った方が良いと思います。


サポート情報:OS X:Gatekeeper について



PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する