2020年10月21日(水)

iPhone 12のA14 Bionicチップ仕様

iPhone 12

iPhone 12

Appleの新型iPhone「iPhone 12」で、ベンチマークアプリ「Geekbench 5」を起動してみると、プロセッサーは1プロセッサ 6コア仕様と表示されます。

なお、CPUのクロック数値は2.99GHzと表示されます。

L1インストラクションキャッシュサイズは128KB、L1データキャッシュサイズは64KB、L2キャッシュサイズは4MB、メインメモリは4GBでした。

マザーボードは「D53gAP」のようです。

iPhone 11のA13 Bionicチップと比較して、L2キャッシュサイズ、メインメモリ容量は同じで、クロック数、L1キャッシュサイズがアップしています。

A14 Bionicの構成は、総トランジスタ数は118億個、2つの高性能CPUコアと4つの高効率CPUコア、GPUは4コア、Neural Engineは16コアとなっています。

総トランジスタ数85億個のA13 Bionicと比較して、CPUコアは40%高速、GPUコアは30%高速化されています。


関連エントリー
iPhone SE (2nd generation)のA13 Bionicチップ仕様
iPhone 11のA13 Bionicチップ仕様
iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro MaxのA13 Bionicチップ仕様
iPhone XS、iPhone XS MaxのA12 Bionicチップ仕様
iPhone XRのA12 Bionicチップ仕様
iPhone XのA11 Bionicチップは最大2.40GHz、L2キャッシュ8MB、メモリ容量は3GB仕様
iPhone 8 PlusのA11 Bionicチップは最大2.40GHz、L2キャッシュ8MB、メモリ容量は3GB仕様
iPhone 8のA11 Bionicチップは最大2.40GHz、L2キャッシュ8MB、メモリ容量は2GB仕様
iPhone 7 のA10 Fusionプロセッサは最大2.33GHz、L2キャッシュ3MB、メモリ容量は2GB仕様
iPhone 7 PlusのA10 Fusionプロセッサは最大2.33GHz、L2キャッシュ3MB、メモリ容量は3GB仕様
iPhone SE のA9プロセッサは最大1.85GHz、L2キャッシュ3MB、メモリ容量は2GB仕様
iPhone 6s のA9プロセッサは最大1.85GHz、L2キャッシュ3MB、メモリ容量は2GB仕様
iPhone 6s Plus のA9プロセッサは最大1.85GHz、L2キャッシュ3MB、メモリ容量は2GB仕様
iPhone 6 のA8プロセッサは最大1.4GHz、メモリ容量は1GB仕様
iPhone 6 Plus のA8プロセッサは最大1.4GHz、メモリ容量は1GB仕様
iPhone 5sのA7プロセッサは最大1.3GHz、メモリ容量は1GB仕様




PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー
Amazonのアソシエイトとして、MACお宝鑑定団は適格販売により収入を得ています。

Link

RSSを取得する