Qualcomm

Qualcomm

Reutersが、Qualcommは2020年第3四半期決算報告を発表したと伝えています。

調整後売上高は前年同期比ほぼ横ばいの48億9000万ドルで、アナリスト予想平均は48億ドルだったそうです。

Steve Mollenkopf CEOは、カンファレンスコールの中で「4〜6月期(第3四半期)の新型コロナからの回復は、主に先進国と中国の好調で予想以上に強いものになった」と説明し「われわれは今、第2の転換点に向かっている。5Gの世界的な展開拡大だ」と述べたそうです。

Akash Palkhiwala CFOは、ロイターのインタビューで「フラッグシップ端末の発売の遅れで半導体の出荷の一部は2021年第1四半期(10〜12月)に後ずれする。」と述べたそうです。

端末のメーカー名には言及しなかったが、アナリストの間ではAppleの次期iPhoneとみられています。


関連エントリー:2020年のiPhone 12シリーズは10月後半発表で5Gモデルは11月発売?


PR

Category

Calendar

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する