バイブレーション

バイブレーション

iPhone 6siPhone 6s Plusは、iOS 9をインストールした他の端末と異なり、設定>サウンド>着信音(など)>バイブレーションに「アクセント」が追加され、これがデフォルトで設定されています。

Apple Watchで採用されたリニアアクチュエータによる「Taptic Engine」を搭載し、iPhone 6s(iFixit参照)と、iPhone 6s Plusとでは(iFixit参照)ホームボタン近くに設置されています。

iPhone 6のバイブモジュール(iFixit参照)と、iPhone 6 Plusのバイブモジュール(iFixit参照)は、銅コイルと永久磁石を組み合わせた仕組みで、設置されている場所も異なっていました。


この新しいバイブレーションは、1つを除き、これまでと同じモードを選択することが出来ますが、これまでの10回以上のサイクルで最大出力まで到達していたのが、1サイクルだけで最大出力数に到達するようになり、振動が小さく感じることがあります。

予備振動が無くなったことで、iPhone 6s・iPhone 6s Plusにケースを装着してマナーモードに設定した場合、机の上に置いていると振動に気付かない場合があります。


iPhone 6sとiPhone 6を、iPadの液晶面に置いて、警告音を設定してバイブレーションを作動させると、iPhone 6の場合は回転しますが、iPhone 6sの場合は真っすぐに動き、動きの量もiPhone 6sの方が少なくなっています。


バイブレーションで「新規バイブレーション」を作成すると、これまでのiPhone 6・iPhone 6 Plusの時と比べ、より詳細で正確なカスタムバイブレーションを作成することが可能となっています。


関連エントリー
iPhone 6s・iPhone 6s Plusの「3D Touch」機能
iPhone 6s・iPhone 6s Plusで利用できるカメラ機能(自撮り機能向上)
iPhone 6s・iPhone 6s Plusの「Live Photos」機能の仕組み
iPhone 6s・iPhone 6s Plusの「Hey Siri」電源接続されていなくても利用可能






PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する