iPadOS 15

iPadOS 15

Appleが、WWDC21において、最新iPad用OS「iPadOS 15」を2021年秋にフリーアップデートとして提供すると発表しています。

iPadは、より直感的なマルチタスク、統合されたウィジェットを備えた新しいホーム画面デザイン、Appライブラリ、クイックノートによるシステム全体のメモ書き、SharePlay、再設計されたSafariエクスペリエンス、そして集中力を維持するための新しいツールを備えています。


iPadOS 15

iPadOS 15

iPadOS 15は、複数のアプリケーションでの作業をこれまで以上に簡単にします。アプリの上部に新しいマルチタスキングメニューが表示され、タップするだけでSplit ViewやSlide Overに入ることができます。

また、Split Viewでは、ホーム画面にすばやくアクセスできるので、目的のアプリケーションに簡単にたどり着くことができます。また、SafariやPagesのような複数のウィンドウを持つアプリとのマルチタスクや、Eメールの迅速なプレビューも可能になります。

外付けキーボードを使うと、新しいキーボードショートカットとメニューバーの再設計により、ユーザーはより多くの作業を行うことができます。

ユーザーは、キーボードからマルチタスクのための新しいショートカットを使って、Split ViewとSlide Overをすばやく設定し、切り替えることができます。


iPadOS 15

iPadOS 15

ユーザーは、ホーム画面のページでアプリの間にウィジェットを配置することができるようになり、より多くの情報を一目で見ることができ、よりパーソナライズされた体験を提供することができます。

また、iPadOS 15では、App Store、探す、Game Center、メール、連絡先などのウィジェットが一新されました。

また、iPadには「Appライブラリ」が搭載され、アプリを「仕事効率化」、「ゲーム」、「最近追加した項目」などの便利なカテゴリーに自動的に分類し、Dockからすべてのアプリにアクセスできるようになります。


iPadOS 15

iPadOS 15

iPadでのメモの取り方がさらに向上し、思考の記録と整理を容易にする新機能が追加されました。

メモは、システム全体でどこでも迅速かつ簡単にメモを取ることができるクイックメモで実現します。

Safariでブラウズしているときも、Yelpでレストランを探しているときも、ユーザーはどこでもクイックメモを表示して、考えを書き留めたり、リンクを追加したりすることができ、見ていた内容を正確に把握するための簡単な方法を提供します。

メモ帳には、情報を整理したり、共同作業をしたり、記録したりするための新しい方法もあります。新しいタグブラウザーとタグベースのスマートフォルダーにより、タグを使ってノートを簡単に分類し、素早く見つけることができます。

また、他の人と共有しているメモで作業をしているユーザーにとっては、メンションによって共同作業者に通知し、メモにリンクさせる方法が生まれ、新しいアクティビティビューにはメモの最近の更新が表示されます。


iPadOS 15

iPadOS 15

iPadOS 15では、友達や家族との会話がより自然なものになりました。

Apple Musicで一緒に曲を聴いたり、テレビ番組や映画を同期して見たり、画面を共有してアプリケーションを一緒に見るなど、FaceTimeで友達とつながっている間にSharePlayで体験を共有できるようになりました。

共有された再生コントロールは、誰でも再生、一時停止、先に進むことができます。再生をApple TVに拡張して、FaceTimeでつながっている友人や家族とその場を共有しながらテレビで見ることもできます。また、「SharePlay」では画面を共有できるので、一緒にウェブを見たりするのにも最適です。


iPadOS 15

iPadOS 15

Safariには新しいタブデザインが採用され、ユーザーはブラウズする際にページをより多く見ることができるようになりました。

ウェブページと同じ色の新しいタブバーは、タブ、ツールバー、検索フィールドを一つのコンパクトなデザインにまとめています。タブグループは、タブを簡単に保存・管理できる新しい方法で、旅行やショッピングの計画を立てたり、頻繁にアクセスするタブを保存したりするのに最適です。

タブグループはMacとiPhoneで同期するので、ユーザーはどこにいてもプロジェクトを続けることができ、友人や家族と簡単に共有することもできます。iPadのSafariは、App Storeで入手できるウェブ拡張機能にも対応しています。


iPadOS 15

iPadOS 15

iPadOS 15は、ユーザーの集中力を高め、気が散らないようにするパワフルなツールを提供します。

「集中モード」は、ユーザーの行動に応じて通知をフィルタリングする新機能で、ユーザーは、独自の「集中モード」を作成するか、勤務時間中や就寝前などの状況に応じて提案される集中モードを選択したりすることで、その瞬間に集中できるようにデバイスを設定することができます。

また、集中時に適用するアプリやウィジェットのページを作成することで、関連するアプリのみを表示し、誘惑を減らすことができます。

新しい「通知要約」は、朝や夜など、ユーザーが選択したタイミングで配信できる通知を整理してまとめており、ユーザーの都合に合わせてその日の活動を簡単に把握することができます。


iPadOS 15

iPadOS 15

テキストの認識表示で、例えば、店頭のスナップショットに電話番号が表示され、電話をかけることができます。また、「ビジュアルルックアップ」では、花の種類や犬の種類など、写真に写っているものを特定することができます。

スポットライトには、写真アプリやウェブ画像を検索する機能が追加され、連絡先の検索結果には、最近の会話や共有された写真、「私を探す」で共有されている場合はその場所などの情報が含まれる、まったく新しいリッチな検索結果が用意されています。

Spotlightはテキストの認識表示を活用し、公共交通機関の地図やレシート、料理レシピのスクリーンショットなどの写真を簡単に検索することができます。テキストの認識表示は手書きのテキストにも対応しているので、ホワイトボードやメモの写真を検索するのにも最適です。


iPadOS 15

iPadOS 15

翻訳アプリは、より簡単に、より自然に会話ができる新機能を搭載してiPadに登場しました。

自動翻訳機能では、相手がどの言語で話しているかを検知し、マイクボタンを押すことなく自然な会話ができます。

対面ビューでは、iPadを挟んで2人が向かい合って座り、それぞれの側から会話の翻訳を見ることができるので、よりパーソナルな会話を楽しむことができます。

また、テキストを選択して「翻訳」をタップすることで、iPad上の任意の場所でテキストを翻訳できるようになり、手書きのテキストも翻訳できるようになりました。

また、テキストの認識表示と組み合わせることで、写真の中の文字を翻訳することもできます。


Swift Playgrounds 4

Swift Playgrounds 4

Swift Playgrounds 4では、ユーザーは自分のiPad上でiPhoneとiPadのアプリケーションを作成し、App Storeに直接提出するためのツールを持っており、誰もがアプリケーションを作成し、世界と共有するための新しい方法を提供しています。

アプリケーションを構築している間、コードはすぐにライブプレビューに反映され、ユーザーはそれらをテストするためにフルスクリーンでアプリケーションを実行することができます。

Swiftパッケージをベースにした新しいオープンプロジェクトフォーマットは、iPad用のSwift Playgroundsだけでなく、MacのXcode内でも開いて編集することができ、iPadとMacでアプリを開発する際の汎用性がさらに高まりました。

ユニバーサルコントロールを使えば、1つのマウスとキーボードでiPadとMacの間をシームレスに行き来することができ、セットアップの必要もありません。

iPadでApple Pencilを使って描いた絵を、MacでKeynoteのスライドに配置するなど、デバイス間でコンテンツをドラッグ&ドロップすることも可能です。


Shared with You

Shared with You

「あなたと共有」は、システム全体を使って、メッセージの会話で共有された記事、音楽、テレビ番組、写真などを探し出し、写真、Safari、Apple News、Music、Podcast、Apple TVアプリケーションなどのアプリケーションに便利な形で表示し、情報にすばやくアクセスできるようにします。

写真には、これまでで最大のアップデートとなる「思い出」が含まれています。新鮮で新しい外観、没入感のあるインタラクティブなインターフェイス、Apple Musicとの統合により、デバイス上の情報を使って思い出にぴったりの曲をパーソナライズします。

マップは、世界をナビゲートし、探索するための新しい方法を提供します。ユーザーは、近隣、商業地区、標高、建物などの都市の詳細情報が大幅に強化され、新しい道路の色とラベル、カスタムデザインのランドマーク、月明かりに照らされた新しいナイトタイムモードなどを体験できます。


プライバシーは、新たな保護機能、透明性の高い機能、およびコントロールによって、次のレベルに引き上げられます。メールのプライバシー保護機能では、トラッカーがメールを盗み見するのを防ぎ、アプリのプライバシーレポートでは、アプリが他社とどのように情報を共有しているかを透明化します。

Siriはユーザーのプライバシーを守るために設計されています。Siriはユーザーのプライバシーを守るように設計されています。デバイス上の音声認識機能により、デフォルトではSiriのリクエストの音声はすべてiPad上で処理され5、パフォーマンスも大幅に向上しています。さらにSiriは、AirPodsでのアナウンス通知や、ユーザーが尋ねるだけで画面上のものを共有できる機能なども追加しました。

iCloud+は、iCloudのすべての機能に加えて、「メールを非公開」、「HomeKitセキュアビデオ」のサポート拡大、革新的な新しいインターネットプライバシーサービス「iCloud Private Relay」などの新しいプレミアム機能を追加料金なしで提供します6。すべてのiCloud+プランは、同じファミリー共有グループの人たちと共有することができるので、サービスに付随する新しい機能、ストレージ、昇格した体験を誰もが楽しむことができます。

新しいアクセシビリティ機能は、ユーザーと同じように動作するように設計されています。スクリーンリーダー「VoiceOver」は、デバイス上のインテリジェンスを利用して画像内のオブジェクトを探索するようになり、ユーザーは画像内の人物、テキスト、テーブルデータ、その他のオブジェクトの詳細を確認できるようになりました。

サードパーティ製のアイトラッキングハードウェアに対応し、目だけでiPadを操作できるようになりました。

バックグラウンドサウンドは継続的に再生され、他のオーディオやシステムの音に混ざったり、下に隠れたりすることで、不要な環境音や外部ノイズを覆い隠し、ユーザーの集中力や落ち着き、休息をサポートします。

サウンドアクションでは、Switch Controlをカスタマイズして、口の中の音に対応させることができます。アプリごとに表示や文字サイズをカスタマイズできるようになりました。


PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー
Amazonのアソシエイトとして、MACお宝鑑定団は適格販売により収入を得ています。

Link

RSSを取得する