あんかけひつまぶし

あんかけひつまぶし

名古屋のうなぎ名店は、いば昇、あつた蓬莱軒、イチビキなど櫃まぶしを出す店が多い中、西本は、頑として櫃まぶしをメニューに入れず、鰻丼だけで営業していましたが、4〜5年まえからひつまぶしをメニューに加えていたようです。

名古屋のうなぎは、腹開きや蒸しのない関西風と同じですが、タレに酒を使わず砂糖が多めという特徴があり、西本はその中でも甘いタレが特徴でした。

カリカリで香ばしい鰻を、小さく刻み、それを茶碗に移して出し汁をかけて食べることで、蒸したような柔らかさを出しつつ食べるのが櫃まぶしなのですが、その出し汁を餡にすることで、鰻が出し汁で柔らかくならずに食べられるようにしたのが、この「あんかけひつまぶし」だと思います。


うなぎ 西本

うなぎ 西本

香ばしい鰻のまま、お茶漬け風に食べられるのは新しいかもと思います。

西本は、鰻丼が2,100円と他店よりも安く、ひつまぶしも2,900円と安いです。

安い分、量が少ないと思います。

先に書いた通り、頑に櫃まぶしをメニューに加えず、鰻丼に拘り続けていた影響からか、お店のお客のほとんどは鰻丼を食べていました。



PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する